プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

好きなのはヘビーメタルと無音ですw

三寒四温というか、三寒二温というか、服装に困る季節。
結構風が強い日(県西部の人に言わせると、静岡のは「そよ風」w)が増えて、車が埃だらけ。
まぁ近年は点検の時にサービスでやってくれる洗車まかせなので、埃だらけなのは当たり前なのだがww
おまけに向かいが休耕田なので、藁やら土埃やら、袋小路のどん詰まりの我が家がその受け止め先となっております(涙)

さすがに我々の目にも汚く見えてきたので、洗車。
400円でシャンプーだけ。走れば乾く。

コトを連れての自動洗車は初めて。
店員さんによれば、恐がってパニックになる犬もいるとか。

くりは全然平気だったけど、はたしてコトは・・・。

コト1
     とりあえず興味津々。

コト2
     怖がるそぶりは微塵もない・・・

コト3
     余裕・・・

コト4
     「もう終わり?」

変なところで肝が据わってて、つかみどころのない犬ですw
(子犬や子猫ですら怖がるのに、掃除機やドライヤーに襲い掛かったり・・・でもコロコロローラーは恐かったり)


話は変わりますが。

私は基本的に“ながら族”なので、テレビ(主にドラマ、映画)観てる時は必ず手芸とか片付けとか並行してやっていますが、昔から勉強や読書の際は「ながら」ができませんで。
好きな音楽も鬱陶しい。
だから歯医者以外はBGMも鬱陶しい。
音楽はなんであれ(ほとんどヘビメタ、ハードロックだけどw あ、ハワイアンとオペラも好き)、集中して聴く(ドライブ中や一緒に歌うのはOK)のが信条。
いつの頃からか、一歩外へ出るとスーパーであれ100均であれ街中や駅であれ、音だらけで気持ち悪くなってくる。

私が異端なのかと思ってたら、同じこと思ってる人がいた♪

紫帝玉
     ポイントが溜まっていたのでついついお買い物。
     リベンジ!紫帝玉。まだ3,4㎝のお子様サイズ。

地方紙のコラムを書いてる70歳前後と思しき男性。

6年間の欧州生活から帰国した時の印象をこう書いている。
「気付いたのは、日本人の几帳面さや清潔さなどの美点と共に、日本社会が溢れる音に対し無神経なことだった」

東京駅のホームなど、次々に発着する電車の通知音に、電車到着を告げる構内放送が重なった喧噪。
街中では店外に向けた呼び込みの声や音楽が、横断歩道の大きな通知音すらかき消す勢い。

そうなんですよね~。
私も東京に行くと耳栓と救心が欲しくなるw
駅にいると呼吸不全に陥りそう(静岡人、電車に慣れていないw)。

ベビートウ
     群生メセンのベビートウ。私の小指と比べてもこんな。

ところが音楽の盛んなドイツやオーストリアの日曜の午前は、街並みが静寂に包まれるそうだ。
若者が教会に行かなくなったと嘆かれているけど、最低限の宗教的伝統は守られている。

筆者はいう。
「音楽の街にいつも音楽が溢れている必要はないと思うし・・・音符の種類と同じだけ休符が存在しうるように、意識して音の無い状態を作り出すことも街づくりの欠かせない要素だと思う。」

すこぶる同感。

グランドキャニオンの淵に立った時の、あの「シ~~~~~~~~ン」という文字が宙に浮かんでいるような、恐いくらいの静寂。
私がアメリカで一番感動した場所かも。
あんな静けさは、日本ならどこへ行けば体験できるのかしら・・・?

仙宝1
     これもリトープスや帝玉と同じメセンの一種。Notサボテン!

仙宝2

仙宝3

     こんな風に盆栽仕立てをめざしまっせ~♪

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

目と鼻が春の訪れを感じます・・w

寒くなったりあったかくなったり、突風が吹いたり無風だったり。

気候とは人生の如し。
なんて思ってみたりw

もう鼻がムズムズして、目がかゆくて、テニス肘は痛いし、ブログなんか書く気力もないほど萎えているとんがりねずみでございます。

おまけに、さっき、意を決して7カ月ぶりに指圧&針に行こうかと、お抱え指圧師(高校の同級生)に電話したら、インフルエンザで休業中となww

もう完全に萎えました。
根腐れしそうです。いや水分足りなくて枯死かw

節分には豆もまかず恵方巻きも食さず、厄まみれなので、とりあえず春分の日に三保の松原と日本平山頂で富士山を見て、禊をしてきました(意味不明w)。

コト1
     絶景かな。犬の顔はスルーしてw

日本平山頂では、河津桜がほころび始め春の気配も。

コト2
     春はそこまで。犬の顔はスルーしてw

近年、桜=河津桜と化している感のある静岡市(県も?)。
開花時期がうめと重なるので、知らない人は「桃?梅じゃね?」とか話しているのが聞こえます。

コト3
     ピンクが濃いから派手。犬の顔はスルーしてw

この日も、中国人ツアー客を案内していた若い男性ツアーコンダクターが「梅ですね」と言っていたので、後ろで私が「えー、河津桜じゃねーの?」ってぼやいたら、ツアコンの兄ちゃん、あわてて近くにいた年配の男性に「あれは桜ですか?」と確認してました。
おい、私に聞けよ!

そして山頂ではイケメン素人カメラマンに一眼レフでいっぱいコトの写真をとってもらい、撮る人とカメラがいいと、菅原文太顔のチワワもこんなに美チワワに写るのかと感心。
帰りに家電屋で一眼レフカメラを物色するも、その重さに躊躇して見合わせw
ま、ブログ始めた頃に比べると、写真熱もかなり薄れてるしなぁ・・爬虫類も安定期に入っちゃってると、毎日愛でていてもついつい写真撮るのがめんどくさくて・・・。

そんな安定の日々の中の新入り。

陽光
     プレイオスピロス・陽光。
     帝玉の仲間だけど随分スリム。

帝玉 
     帝玉は脱皮中。

怒涛
     初めてのフォーカリアは「怒涛」という名前に魅かれた。

怒涛のごとく何か新しいことでもやりたいと思うのだが、なかなか腰が上がらずw
ま、今やってみたいのはスカイダイビングくらいだしな。実現はちょっと難しい。

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

本チャン初詣とヒキガエル。

元旦に浅間神社へ行ったのとは別口・・・というか、“本チャンの”初詣=参拝&祈願には11日に行ってきました。
袋井市にある目の霊山・油山寺。

くり存命の頃は、霊犬神社(磐田市の見付天神内)にも行っていたんだけど、あんなに辛く苦しい最期を看取る羽目になったので、なんかもう行く気が失せ、や~めたww

花粉
     花粉飛散準備万端で~す!うへーーーwww

油山寺1
     去年も喪中だけど来たよ。覚えてるか?あんたはまだ6ヵ月だった。

油山寺2
     神社も備わっているしなw

ここの副住職さん(住職の息子)は犬好きらしく、くりの時もコトにも「かわいいな」と言ってくれ、吠えても「犬は鳴くのが仕事ですから」と目を細めてくださる。
さすが「私が見こんだ寺の跡取り」!大変うれしいです。

お守り
     コトには去年からこのお守りを。
     コドモにはお地蔵さんがピッタリじゃ♪

ここへ参拝すると、年頭行事が終わった感に満たされ、やれやれな気分です。

油山寺3
     線香の煙に当たって、己が「しょんない度」を悔い改めよ!
     

さて、たまには両爬飼育者らしい記事でも書かねばと。

ヒキガエルの福と天を8月に(別々の店から)迎えて5ヵ月余。
ちっこかった2匹もそれなりに育ってきましたが、ツノガエルやヌマガエルに比べて、その成長の遅さといったら不安になるほどw

福&天
     お迎え当初。

福1
     福ちゃんはかなり大きくなった感があります。

天
     天ちゃんの方が歩みがのろい。けど、動きはすごい早いw

8月末の体重は福が27g、天が11gでした。
で、今は・・・ははは、測ってないからわかんない(笑)

私、料理も工作も手芸も飼育もすべて「目分量」で良しとしてしまい、自称神経質なのに、やってることは恐ろしくズボラでww

ドンくさいながらも福ちゃんはピンセット給餌になれたのですが、天ちゃんが生餌にしか反応しなくて、仕方なく、ミミズとレッドローチとミルワームとワラジムシの繁殖に乗り出しました。
ローチは寒いせいか、なかなか増えませんねー。でも大きくなったので、ゴキブリ感は確実にUPw
ミルワームは蛹が全部成虫になり、40匹くらいはいるのかな?
最近チビチビワームと卵が見られますが、これからどうしたものか・・・茶こしで分けないと親が食べちゃうとか書いてあったりするけど、卵なんか極小で・・・どうすんだよー!
ミミズは寒さもどこ吹く風、知らぬ間にジャンジャン増えてるようです。
経済的で手間も金もかからないいい餌ですねぇ。赤ちゃんミミズは半透明。

あ、ヒキガエルの話でしたw

11月初めに、ふと福ちゃんのウンコを見たら、何やら白いものが動いて・・・ウゲゲw ニョロ虫じゃんww

ニョロ
     2㎝くらいのが2,3匹出てきた。赤ちゃんミミズみたい。

売られている日本のヒキガエルは、多分100%野生採取個体だから、寄生虫がいて当然だとは思うけど室内飼いだと気分悪いし、下手すると命に関わる場合も。

で、自主駆除。

ツノガエルの牡丹の脚に酷い出来物がいっぱいできた時も、私の手術&薬浴(マニュアルなし)で治ったから、虫の1匹や2匹!(何の根拠のもない自信と意気込みw)

使ったのはこれ。

薬
     宿主は違えど、虫は同じだろう?

2回投与してもまだニョロニョロ出てくるので、3回目はドバっと。
どうやら成功したようで、ここ2回くらい虫の姿は見られなくなりました。(ウンコを真剣に解体している私って・・w)
薬のせいでカエルが死んじゃったらどうしようとも思ったけど、まぁ市販薬だし、大丈夫だろうと。

とりあえずやったー♪

福2
     「はースッキリー♪」

福ちゃんもうれしそうです(飼い主主観)。

イキモノを飼うってなんて楽しい♪(寄生虫も含めよう)

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

遅ればせながら謹賀新年。

正月ムードもまるで感じないまま、あらら、もう9日=成人の日だったりしてww

遅ればせながら
謹賀新年。

くりを迎えて、コトを迎えて・・・けっきょく毎年やってることは微塵も変わらず、あえてほとんど同じ記事をUPするのもアレなんですが(なにしろ犬が変わっても、着てる服が犬も人も先代犬時代と変わらなかったりするw)、まぁ年頭の恒例記事ってことで。

とりあえず浅間神社詣で。
今年は私の実家からではなく、神社に近い獣医氏のお宅に車置かせてもらったので、距離が半分くらいに短縮され楽ち~ん♪

神社1
     このスカジャン、くりはぶかぶかだったけどコトにはピッタリ。
     巫女さんも毎年入れ替わるのか?

賽銭10円放り込んで、さっさとお食い初め式!?に向かう不埒な一家。

神社2
     もちろん最初はパンチ焼き♪値上がり無し♪

神社3
     なんつーか、もんじゃとお好み焼きの中間くらいの食べ物。

ここで気付いたのは・・・今年は屋台の数が少ない!例年の3分の2くらい?
なんでだ?テキヤ稼業は厳しくなっているのか、テキヤ自体の人手不足か?

次は、だんなだけ、神社特製の「薄くて不味そうで高い汁粉」を食う。

神社4
     「これ、小豆の味するのか、父ちゃん?」
     そもそもこの人に小豆の味がわかるのかが疑問。

そしてここでも異変が!
でもこれは私の想定内。

神社5
     りんご飴屋に行列が!これまではありえなかった!

こりゃPPAP効果としか考えられませんね。

神社6
     残念ながら割り箸の代わりにペンは刺さっていなかったw

いい大人が2人で大きいりんご飴(姫リンゴのを買う人が多かった)をその場で間食してるのは毎年我々しかおりませんが、一体何歳までこの過酷とも言える儀式が続けられるのでしょうか・・w

神社7
     くりのように齧りません。舐めるだけ。意外に上品w

おみくじも引かず、さっさと帰途につき、家のポストを見て年賀状の少なさに驚く。(自分もろくに出してないが)
ウザい親戚や義理で出していた人はみんな切ったしな。出したい人にだけ、これでいいんじゃないの?

コトの走り初めは、4日の吉田公園でした。

公園
     こいつの体力はどうなっているのやら・・・。

さて、今日は成人の日。

20年前には、ポケモンがゲームソフトとして登場し、ヤフーが日本でサービスを開始したそうです。
その年生まれた新成人を含め、今20代の若者で休日に外出するのは二人に一人だと!? 何してんだ、みんな!?
そして初めて70代の外出率を下回ったそうで・・・インドアヤング、アウトドアシニアw
こりゃあ何に付け、事故率UPするわなぁ・・・今の20代は車の運転もしない人が結構いるらしいけど、そういう人々は後々運転技術に難あり、になるのではないかと少々不安もありますよ~。

そういや今年から高齢者を65歳から75歳に引き上げるってホント?
上手い案だね。高齢化率も下がるし、シニア割引も減るし、・・・でも事故は減らないかw
事故らない老人になるべく、日々鍛錬しようと思いますww(何をだ?)

公園2
     紅梅がチラホラ。今年の静岡、あったかすぎだ!

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

満身創痍で本年終了・・・先の事は考えないw

なんだかんだと文句ばかり垂れていた2016年も、いよいよカウントダウン。
今年も紅白も除夜の鐘も御馳走も「そんなの関係ねぇ(古い・・)!」で終わる気配が濃厚(いや確定か)。

コト1
     クリスマスにもらったキノコのおもちゃとイチゴの“船”。
     新しいものにすぐに飛びつく変わり者。お気に入りの毛布とかより新品!

今年は、知ってる人(友人ってわけじゃないけど)が若くして何人も亡くなった気がします。
デヴィッド・ボウイ、プリンス、そしてクリスマスにまさかのジョージ・マイケル。

この冬はなぜかWham!のラスト・クリスマスを一度も聴いていないんだよねぇ・・・例年なら店や街中など、そこら中から流れてくるのに・・・虫の知らせか?
53歳って・・・やっぱ長年やってたヤクのせいかなぁ・・・ホイットニー・ヒューストンも似たような末路だったような。

コト2
     新品の船でおやつ満喫中。
     船は洗い替えにしかたなく買ったわけさ。1080円で(笑)

そして私は、ヤクではなく、イヌ(とのマッスル散歩&遊び)のせいで、春には両膝の前と横の靭帯炎症を起こし、現在は両腕のテニス肘(散歩肘だよなw)に加え、雨の日(今年は夜降って朝上がってるので、散歩の雨天中止は数えるほどしかなかった)以外毎日小一時間競歩みたいに歩いたため、ついに足の甲の腱鞘炎(そんなところに腱があったなんて知らなかった)と膝裏の痛みでほうほうの体ww

拾い食い以外、私一人と歩く時は散歩らしくなってきたけど(ここまでに1年半かかったという信じられない事実)、だんなも一緒に人の多い公園や広い草原に行くと、もう興奮してぐいぐいワンワンの“しょんない犬”と化してしまいます。
ソトヅラがいい、ってのはよくあるけど、外へ行くとまるで駄目ってのはレアケースか?(しかし悪すぎ・・泣)

まぁ何事につけ持久戦に勝利した時のヨロコビは大きいので、強いリーダーシップを発揮して(首相かよw)しょんない犬を「マシな犬」までレベルアップさせるべく、来年に望みをつなぎます。

コト3
     くりと違って、飼い主の間を往復するのではなく、飼い主の周りを
     周回ランするので、容易には捕まりませんw かといって逃げないのが小賢しい!

コト4
     これが走り収め(つか、拾い食い(主に枯葉と枯れた芝生))納めか)か?
     来年は呼んだらおとなしく戻ってきてくれたまえ(悲願)。

さて、今年は米大統領選でとんでもない男が超大国のTOPに立つことに決まったわけですが・・・最近、彼の言っていることが、あながち間違ってばかりではないような気がしていまして。
誰もが「思っていても言えない」ことを言ってしまっているだけのことじゃないかと・・・あれ、これってヤバい?

選挙中にちょうど読んでいた、井坂幸太郎の『ラッシュライフ』のせいでしょうか。

登場人物がこんなこと言ってたんですよね。

-----実はな、金やステータス、そういう分かりやすいものが俺も好きなんだ。体裁や地位、もしかしたら物事の本質はそのあたりにあるのかもしれない。
目に見えない愛情だとか、仲間意識だとか、精神的な価値なんてのは胡散臭い宗教と同じだ。

人生については誰もがアマチュアなんだよ。そうだろ?
誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない!-----

コト5
     こいつの前世は何だったのか・・初参加にしては図々しい。
     くりが怖がったダッシュボードもくつろぎスペースとして有効利用。

災害に遭っても、実際金持ってる奴は人生の立て直しにそう困ることはないし、地位や人脈があればさらに金は集まりやすい。

私は拝金主義者じゃないけど、トランプ見てると、そういう現実を突き付けられるっつーか再認識させられるっていうか・・・。
数多の災害やテロがあり、もはや神も仏もないことが明らかな世界で、拝んでる暇があるなら働いて糧を得た方が実りがある。
働けない、自分で自分をどうにかできない生物は、自然界なら淘汰されている(私も淘汰されていて当然の一人w)・・・そんな「非人間的だ!人でなし!」と罵声を浴びせられるようなことを痛感した年だったような気がします。

・・・で、余談ですが。

ミルワームが蛹になり、それが成虫へと最後の脱皮をする際、しょろしょろやってると失敗して羽が硬化し、あの世行きになると言うなんともやりきれない事実を数回目の当たりにしました。
しかし、そこはただでは死なない小さな生命。
羽は縮んだままでも(私が脱ぎ残しをとってやった)普通に歩いてる・・・が、むき出しの背中部分を他の仲間が食いに来る。
ただし、体を食われている奴も見上げた根性で、食われながら、自分はキャベツを食ってるww
胴体が無くなって、頭と脚だけでも動いてるww

・・・ま、翌朝には頭だけが転がってるわけですが。
弱肉強食ってこういうことですかね。

餌虫飼い始めて(現在4種)、「生きるとはなんぞや?」と考えさせられる毎日です。

ゴミムシダマシ
     背中空っぽwww 脳だけあれば生きられるのか!?

そんなこんなで、今年も一年ありがとうございました。
意味不明のブログに足を運んでくださった皆様にとって、来る酉年が大いなる飛躍の(いや別に平凡でもいいんだが)年になりますようお祈り申し上げます。




テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE