プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スズガエルの謎とソチ五輪・・こんなもんじゃろw

日本全国津々浦々、大雪の話題ばかりなのに、ここ静岡市(not山間部)では降っても雨。
ありがたいような、損したような・・・今年まだ雪見てないよ、つかもう何年も見てないわw

我が家の1階は終日日が当たらないのでめっちゃ寒く(エアコンなし)、石油ストーブもつけないと、室温は7、8度くらいか・・・そんな中、氷みたいな水の中でも食欲モリモリなアカハライモリチームと、水は加温してあっても陸はクソ寒いのに陸に上がってることが多いチョウセンスズガエル夫妻。
彼らはもちろん暑さにも強く・・・だから寿命20年と言われるくらい長命なんでしょうね。

去年は3月末から萌えはじめたスズガエル(♂)、今年は早くもメスに抱きついたりしてます。
オスって、性成熟すると色が変わるんですかね?

スズガエル1
     最初はオス(手前)メスともに、明るい緑色だったのに・・・

スズガエル2
     数日後には、オスがこんな濃い緑に。

オスの濃緑色は婚姻色かと思ってたけど、ずっとこのままです。
そして、この夫妻の子供たちが、3か所にもらわれていき、元気な姿を見せてくれています。

スズガエル3
     こんな子がいっぱい誕生すると思っていたのに・・・
     (メスはよく手に乗りたがるけど、オスは暴れて逃げる)

子ガエル1
     某所の子たちは、濃い緑色に腹は黄色。

子ガエル2
     さらに某所では、茶色いボディに腹は白っぽい黄色。
     (Zeroさん、画像無断借用すいません~!)

チョウセンスズガエルの体色は緑と茶色、腹色は赤と黄色があるんだけど、交配個体の色に関係なく、次の世代にはランダムな配色が発現するんでしょうか?
しかし、親と同じ色のが1匹もいないって・・・w
緑と赤の派手な色のカエルを期待していたかもしれない里親さんたちに、なんだか申し訳ない気が・・・あいすみませんw


さて、いよいよソチ五輪開幕。
始まるや否や、聞かれなくなったあの話題・・・前日まで未完成だったホテルやショッピングモールはできたの?間仕切りの無いペアトイレ(?)はどうなった?

今は選手村内でのハプニングがツイッター上で話題とか。
トイレに入ったら鍵が開かなくなって閉じ込められ、鍵をぶっ壊して出たというボブスレー選手、エレベーターに閉じ込められた人、温水が出ない、エアコンがつかない・・・選手の皆さんは競技場以外でも戦いを強いられているようで、ご苦労なことです。

くり1
     春の息吹、水仙。「私は花粉症なので春は嫌いです」byくり

くり2
     河津桜もちらほら。ここのは開花促進剤散布してないから、0.5分咲きくらい。

そして日本選手たちは・・・。

まぁ毎度のことだけど、メダルメダルとマスコミが大騒ぎするのに、期待の数だけ取れたためしはないので、ここまでの結果も驚くに値しないものですが・・・男子ハーフパイプの少年2人はよくやったね。
女子モーグルの上村愛子さんも、メダルこそ取れなかったけどブランクや練習不足を乗り越え、本番にきっちり合わせるあたり、さすがです。

思うに・・・日本人って期待過剰(過剰評価?)って感じで・・・実際、海外メディアで有望視されていたのはハーフパイプの平野少年くらいだと聞くし、そしてその予想はバッチリ当たった。
ようするに、その予想が客観的評価と言うわけだろう。

期待過剰は選手のせいじゃないし、別に好きにすればいいと思うけど、「いかがなものか」と思うこともある。
それは、深刻な故障を抱えているのが明らかな選手を、医師やトレーナーの反対も顧みず出場させること。
そうした選手(2人くらいいたな)は案の定、練習や本番でけがを悪化させ無残な結果に。

私だってスポーツやってたし、選手が夢を抱いて必死で練習してきた苦労や、出場したいという気持ちはよくわかるけど、五輪に関しては「出場することに意義がある」などと軽々しく言ってほしくない。
ムリすることで選手生命を絶たれる可能性だってあるわけで、それを思うなら出場させるべきではないし、欧米ではそんな選手は出さないはず。

くり3
     とーちゃんのトイレ待ちの私たち。
     「とーちゃん、いよいよノコギリヤシが必要か?」 おお、ジジくさww

そして、五輪は選手(個人と関係者)の夢の実現の場でもあるが、その前に、税金を注ぎ込んだ国家的イベントであることも忘れてないか?
(スピードスケートの長嶋選手は、負けて、「帰国費用は自費で払いたい」と申し訳なさを述べたとか)
五輪の度に問題になる、役員数の多さ・・・今回も相かわらず、選手より役員の方が多かった。
その役員一人一人の仕事内容を明らかにしてもらいたいもんだ。全然変わらない不透明な人選・・・。

今のところ進歩したか?と思えるのは、「結果は駄目だったけど、楽しめたから良かった」などと不届きな発言をする選手がいないこと。
みんな悔しそう。それでホントだと思う。
その涙のにじむような悔しさをバネに、次回へ向けて頑張ってほしいと思う。

くり4    
     梅はまだかいな。

くり5
     メグちゃんが挨拶してるのに、知らん顔の不届きな犬w
     メグちゃん、シベリアンハスキーの血が半分とは思えない小ささです。


スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

<< 超常現象は生活の潤い成分w | ホーム | 成熟VS 未熟。 >>


コメント

うんうん!

悔しさをバネにして頑張ったらいいと思います。
楽しければいい…なんてのは『ゆとり教育』そのものですよ。
みんな、何人もの選手達を超えてここまでやってきたのだから、真剣勝負ですよね。
負けたら泣けばいいし、次につなげていけばいいと思います。

マスコミの過剰報道や付きまとい報道、あれはメダルを取らせたくない為の妨害なんじゃ??…とか、ひねくれた目で見てしまいますねw
連日の追いかけ報道とか見てると、見えないプレッシャーを与えているようで、なんだか可哀そうな気がします。

…それより、開会式のミスで誰かお亡くなりになってないかと心底心配なんですが…
プーちんの顔がマジ怖かったっ…!

v-535ウダモさん
一時期、「楽しんできます」「楽しめたからよかった」がスポーツ選手の流行語か?と思うほど、みんながみんな、そう言っていた時代があったけど、あれはゆとり世代だったのか・・・。
楽しむこと=リラックスして臨むこと、って意味だったのかな?それにしては、まけても悔しさが感じられなかったけど。

国を挙げてのイベントならなおのこと仕方ないのかもしれないけど、試合を終えた選手たちが、生インタビューで夜通し各テレビ局のブースまわりってのも何だか気の毒ですよね。
せめて一晩、ぐっすり眠らせてあげればいいのに。

そうだ、これは「プーチンのオリンピック」だったんだ!
(だから、入場行進の時先導する女性は絶世の美女ばかりだった!?)・・・ま、1人2人消えたところで、報じられることはないのではないかと・・・w

冬季五輪はダイジェスト眺めてますが、寒くて本領を発揮できない?
ってことはないかな (笑) 耐寒性の人種に有利でしょう(多分)
学生時代はよくスキーに行きましたが、必ず寒さで風邪ひきました。
友達を見送って、石油ストーブの前で終日寝込んだことも数回。。。
寒さに負けずテンション高い人には、それだけで敬意を表しますw

役員の数が選手より多い話は存じませんでした。カネに群がる老害に
スポーツマンシップを語ってもらいたくありませんね。現場にいる
選手たちはさそがしテンション下がることでしょう。で、勝てない?

v-535DANTさん
寒くて・・・ってありえないでしょう。
だって、ソチの街中は15℃くらいになるみたいだし、雪は全部スノーマシン頼みで、午前の競技だって山頂でもマイナス気温にはなってませんよ~。
だから決勝(午後)は雪がびしゃびしゃで、苦労してるくらいだから。・・・ソチって温泉リゾート地なんでしょ?何でこんなとこでやるかなぁ・・・昨日のスロープスタイル競技の時、ゴール地点の人々は半袖だったり、手袋してる人なんかいませんでした(笑)
私もスキーは数回しか行ったことないです。寒いのと、一番嫌なのは「道具が多い」こと!
泣く子も黙るほどのウルトラ寒がりオヤジ(亭主)はスキーヤーですww

コーチや監督はしょうがないけど、「関係者」と言う名の役回り不明な「協会役員」のジジイ連中の「視察」ってのが大いに怪しいですねv-403
全回は役員はビジネス、ファーストクラスなのに、選手がエコノミー席ってのが問題になりましたけど、今回はどうなんでしょうねぇ?
あ、だれか「帰りはビジネスで帰りたい」って言ってた・・ってことはw

v-22やはり遺伝子っちゅうもんは目に見えなくても代々のもんを持っているということなんでしょうねぇ
犬だってお店で買った血統書つきのシバってやつが、どう見てもポメですって顔してたのもあるしw

オリンピック、楽しめただけでも、って言われるのもなんだかなぁ・・・と思うけど、あまり深刻になられても、なんだかなぁ・・・でござりまする
ただ、明らかに送り出す側にも責任があるし、お金の問題でも、余計なもんにかかり過ぎてるのをせめて純粋に選手に使えるようにしてほしいと思います
騒ぐ割には、本人の経済的負担が大きすぎて、なんとか協会の上の方はいい思いをしていそうに思えちゃうから???

メグちゃん、ハスキーのちが半分?うっそ~~~~w
後の半分はシバかチワワか・・・・





スズガエルの里親さんたち、みんなケバい子を欲しかったのかなー
過去に江戸錦って金魚を短期で死なせて、練習用に可愛くない江戸錦を買ったら3年?くらい巨大化しながらのうのうと生きてるのよ。
好みの子じゃないけどしかたないので付き合っています(笑)
スズガエルの里親さんたちもそんな気分だろうか。うはははは

v-535葉っぱさん
「利己的な遺伝子」って本が結構話題になりましたから(私が先日読んだ「神は妄想である」を書いた人の著書)、なにか都合よく発現するようにできてるんでしょうね~・・・最近生物学と言うか遺伝学と言うか、興味が出てきましたよ。

私、スポーツ大会は、五輪より世界選手権の方が好きです。
世界選手権は、純粋にその競技での王者を決めるって感じだけど、五輪はお祭り要素半分(以上?)だからね・・・てんでレベルの低い選手もでてるわけで・・・。
スピードスケート界の不祥事がばれて、橋本聖子さんが協会のトップに抜擢されたんだよね?
今回は五輪団長だけど、パフォーマンス的でお飾りに過ぎないような感じも・・・お飾りならお飾りでもいいから、暴露本でもかいて欲しい!

ハスキーが母なのか父なのか・・・いずれにせよ、片方はかなり小型のはずだよね・・・作るのも産むのも大変だったことでしょう(笑)

v-535tさん
あー、tさんはたしか、Zeroさんちみたいな色のカエルが好きだって言ってたよね。
緑になったカエルの里親さんは、茶色に赤腹のスズガエルを1匹飼ってるから、緑に黄腹の個体を得て、全色そろったわけだ。
これでいろいろ交配してみて欲しい。

その江戸錦、tさんの気持ちを察して、「くっそー!こうなりゃ20年くらいは生きてやる!」と気合満々なんだぞ、きっと。
一生付き合いなさい。赤い糸の縁だ♪
スズガエル・・・寿命20年らしいw 今年も産みそうだわ…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP