プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

モクレンと川柳とビブロンゲッコー。

世の中、早咲きの桜や枝垂れ梅、菜の花の花見シーズンですが、我々はちょっと違う花見へ。

モクレン1
     ハクモクレン。真っ白って清々しいですね。

まぁここ3年くらい毎年行ってるので、ご存知の方もいるかと。藤枝市岡部の十輪寺。

モクレン2
     まわりはちょっとした里山気分。

モクレン3
     快晴で、モクレンの白さが引き立ちます。

こじんまりしたお寺さんなので、人出もそこそこ、商売っ気も薄く、いい感じです。


ところで、先日第26回サラリーマン川柳の入選作100句が発表されましたが、こちらは男性の句ばかりですかね?
対抗するかのように、OL向け情報紙「シティリビング」主催の、「シティOL川柳大賞」なんてのもあるんですね。今年で16回になるらしい。

宮仕えの哀愁や、家庭内でも薄れる存在感・・などなどオヤジの嘆きを、悲哀を通り越して自虐ネタにしたものが多いサラリーマン川柳に対し、OL川柳はなんだか妙にたくましさを感じますよ。
これ、世相を反映してるってこと?

ちょっと比べてみると・・・

〈サラリーマン〉
・携帯と 亭主の操作は 指一本
・詠みきれぬ 妻の心と円と株
・すぐキレる 妻よ見習え LED
・ノーベル賞 うちにないのは 平和賞
・「辞めてやる!」 会社にいいね!と返される

〈OL〉
・「調子どう?」 あんたが聞くまで 絶好調
・大人でしょ 子供じゃないでしょ 上司でしょ
・ストレスは 仕事じゃないの あなたなの
・十年目 部長が席まで来てくれる
・気が付けば 癒し系から威圧系

リトープス
     唐突にリトープス。一気に脱皮完了間近?

あー、つくづく思うわ。
私も収入があれば、川柳の一つも思いっきりひねってやりたいところだ・・・え?もっと直接的な罵詈雑言を放ってるって?
・・・そういう噂もある。


そして再び、唐突にビブロンゲッコー。

昨年12月23日と今年1月18日に、それぞれ1個ずつ卵を産んだのを温めているんだけど・・・全然孵る兆しがない。
血管も見えないしねぇ・・・無精卵だったかな?
(でもトカゲモドキの卵が8か月後に孵ったという記事を読んだので、あきらめていいものかどうか・・)
最近は、「産んだら食う」が習慣になっちゃってさ~、誰だ食ってるのは!?

ビブロン1
     掃除中、別プラケに移動中。ロン(♂)
     めったに全身拝めないんだよね。

ビブロン2
     「あたしじゃないわ!」byビブ(♀) 怪しいな…

ビブロン3  
     やっぱり怪しい…ビブ(♀) 小さいが抜け目ない。


そうそう、ここ数年雑誌の購読してなかったんだけど、ためしに1年頼んでみた。

雑誌
     ビバリウムガイド。ついでに1つ前のバックナンバーも。
     「爬虫類女子は夢見ながらも現実を生きる」という特集を読んで、自己肯定度をUPする私w
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

<< 不足成分補充。 | ホーム | 葬式無用論者です。 >>


コメント

リトープスの分頭おめでとうございます。
うちのリトープスは分頭なしのようです。

ロン(♂)はポーズをとっているのかな?
ビブ(♀)は微妙?
食卵は、癖になりやすいようです。
落ち着かなかったり、ケージが狭かったり原因は様々です。
食卵防止には別容器に移すのが一番ですが、簡単な方法としてはペットボトルのキャップなどを卵にかぶせるなんてのもあります。
殖えるのは楽しみですが・・・計画的に。

ヤモリって卵食べるんだ・・・へぇ~。
知らなかった。

しょっちゅう産むようだったら、カルシウムしっかり摂取しないと、背中曲がっちゃうから気をつけて。
油断すると結構すぐクル病なるから・・・

産まれてから考えればいいんでない?なんて自分言ってたけど、爬虫類だとそうはいきませんからねぇ・・・
性格が合わなければ兄弟でもいがみ合うし、最悪ストレスで死ぬ。
避難ケースとか用意して、餌等も余裕を持って繁殖に臨んだほうがいいよねぇ。
しろたん.さんのおっしゃるとおり、計画的に、楽しんでいきませう。

v-535しろたんさん
分頭するのって、元の株の大きさには関係ないんですかね?
けっこう小さいのが双子になりました。
しかし、しろたん.玉とアルビニカは、まだぴっちぴちなのですが・・・種によって脱皮時期も違うんですか?

ビブロンは食卵するって、他のブログにも書いてありました。
でも、夜中に産んで(産む場所は決まってる)発見する前にもう潰れちゃってますからねぇ・・・孵化に成功した人のブログで赤ちゃん画像見たら、3㎝くらいですごいかわいかったです。
見たから、もういいにしようかと(笑) 
産まれたらひきとってくれるところはあるんだけど、手放すのも育てるのも大変だし。
今日はロンが脱皮してる所を初めて見ました♪

v-535ムツギアリさん
他の種は知らないけど、ビブロンは食卵するって、よそのブログに書いてあった。
シャイなくせに、食うことにかけてはすっごい貪欲だからな(笑)
鳥でも、十姉妹は母性本能の塊だけど、セキセイインコはすぐ食べちゃうよ。だからいつも、十姉妹に孵させてたw

上にも書いたけど、ビブロンベビーの画像見たから、もういいや(笑)ハンドリングもあまりできないしね。

そんなの関係ねー

リトープスの分頭に株の大きさはそれほど関係ないですね。
もちろん大きい方が有利ですが、株の勢いが大事なようです。

それから脱皮時期についてですが、3月に脱皮するものから5月くらいに脱皮するものまで、種類によってかなりばらつきがあります。

しろたん.玉の場合、過去記事を探してみると4月17日の記事(http://sirotanmura2.blog97.fc2.com/blog-entry-609.html)に脱皮が始まったとあります。

環境によっても若干早くなったり遅くなったりしますので、のんびりお待ちください。

こんにちは♪
白木蓮、青空を背景に咲き誇っていますね*^^*

女性が詠んだ川柳、面白い~!
思わず、そうそう、って頷きながら読んじゃいました!(笑)^^


v-535しろたんさん
主に手掛けたきたバラとは正反対で、施肥も水遣りもろくにせず、ましてや剪定などもなく、ただただ見守るだけというのも、けっこう不安?を掻き立てますね(^_^;)
無用な手出しもできないし・・・こういうところは、両爬の飼育に通じるものもあるような気が・・・だから魅かれるのかな?
先日のように28度になると、もうベランダではヤバいか!?と焦りました。
暑くても寒くても、容赦なく飛び回る花粉とPM2・5が憎い・・・

v-535bunrumamaさん
ハクモクレンは雨に当たると、花びらがすぐ茶色に変色して汚くなっちゃうのですが、今回は晴天続きの日に行ったので、ラッキーでした。
上に向かって咲く花って、力強さを感じますね♪

そして、女も常に上に向かって吠えているのか・・・たくましさを感じずにはおれません(笑)
最近、猫背でうつむき加減の高校男子が多い気がしますね~。
後々の事が心配ですw

ハクモクレンですか、ながらく見ていない花ですが美しいですね。

厳しい冬を乗り越えて咲くからでしょうか迫力も勢いもこちらの植物とは違うように思います。

サラリーマン川柳を見ていていつも思うのですが、世の中のお父さん方は本当にこんなに冷遇されているのでしょうか?

それとも冗談なのか、いつも考えてしまいます。

酒もタバコもやりませんが、爬虫類もゴキブリもやるので冷遇されなくて良かったです。

v-535ブリッキーヌさん
ハクモクレン・・・迫力と勢いが違うのは、「かの国」原産だからかもしれませんw
日本の花木って、華やかなものはほとんど外来ですよね。
ハナミズキだって今じゃ市の花とかに指定されてるけど、アメリカ産じゃん。
富士市では、ニジマスを市の魚に決めた時、もめたそうです。「それはブラックバスと同じ外来魚じゃないか!」って・・・なんか、有害視されるものと同化しても気に留められないモノがあるって、ヘンな話です。

ブリッキーヌさんはご家族で「嗜好」が似ていらっしゃるみたいだし、それになんといってもいいお父さんぶりだもの。
ゴキブリで一句ひねっても、冷遇されることはないでしょう(笑)
うちの亭主は、「言えてる・・」と青ざめてました(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP