プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

人徳不足なのでブー垂れますw

去年もそうだった気がするけど・・・今が一番カラッとして暑いはずなのに、やたらと湿度が高くじっとりしてて、午後には黒い変な雲がモクモク。
ゲリラ豪雨になることも。

ひまわりが咲く中、燦々と太陽を浴びて海やプールではしゃぐ夏・・というイメージはかなり昭和ww
今じゃ「ナイトプール」とか言って、夜ホテルなんかで若い女子にプールが人気だとか。
暑すぎないし日焼けしないし。
・・・で、そういう場で「ナンパ」ってのはあるんだろうか?

ナンパされないプールや海なんて、クリープを入れないコーヒーみたい!←昭和www
「暑いから、夏だから、とりあえず何でもOK」だった頃が懐かしい・・・って尻軽女みたいじゃないかw(ええ、軽かったです・・)

フヨウ1
     吉田公園でアメリカ芙蓉の花が咲くと、くりを思い出す。

フヨウ2
     一昨年拾った種を撒いて、我が家の庭でもいっぱい咲いてる。
     これが一番我が家の環境にあってるらしいよ、くり。

某ブログの筆者さんがつぶやいていたけど
「今だけ耐え忍べばよい。過去はもうなく、未来はまだ来ないのだから」(苦しい作業中に出た言葉)

今だけ・・・今日だけ・・・
クソ暑い(静岡なんてましな方だけど)毎日、朝一時間コトの散歩をしてくると、もう家事にもPC他趣味などにも気力体力共にほとんど残っておらず、日々、この言葉を胸に、何とか生きながらえている感じです。

藤
     狂い咲きたくなる気持ちもわかるよ・・藤が咲いてるw

話は変わりますが。

今年も我が家には、「土用の丑の日」の食卓にウナギは現れなかったのですが、日本中の何%くらいの人々がその日にウナギを食べるんでしょうね?

相変わらずニホンウナギの減少が止まらず、各地で養殖ウナギが放流されているようですが・・・専門家によると、この行為、全然「ためにならない」んだとか。

養殖モノは天然ウナギと同じ環境下では生存率が低く、特に大きな個体はダメ、という調査結果も出ているそうです。
だから放流するくらいなら食べた方がよほど良いらしい。
放流によって、病気や成長の悪いウナギの拡散と言うデメリットも考えられ、効果より悪影響の懸念の方が大きいなら、別の方法で資源保護考えるべきだと。

日本人ってやたら「天然もの」に弱い人種らしく、鮭も然りで、日本では高くてもノルウェーで獲れた天然鮭を買い、ノルウェーでは安くて旨い日本産養殖鮭を買うと聞いたことがあります。
バッカじゃねーの!?

それに国際的には、ウナギ全種を対象に資源調査が提案されているのに、日本はニホンウナギのみを守ろうと躍起になっているらしい。

公園1
     真夏の公園、無人に近い。

女郎花
     でも秋の七草、女郎花がもうこんなに!耐暑性がついた?

日本ってほかの魚もいろいろ放流してるよね。
ヒラメやタイや、メダカ、コイまでも。
学校の学習の一環だったりもするわけで、放流=良いこと、と子供に教えているようなもんで。

でもメダカは本来の生息地別にDNAが違うことや、コイはブラックバス並みに他の小魚の餌を食い尽くすこともわかっているのに・・・そういうことを学校や自治体関係者は、専門家に意見を求めてからやるべきなんじゃないのかなぁ?

公園2
     許可も意見も求めず走り出すw

公園3
     顔が暑苦しいと、暑さにも強いようである。

公園4
     くりは23℃超えると走らなかった。こいつはタフすぎる・・・

魚だけじゃなくて、街路樹とか道端の植栽についても感じるんだよな~。
ここにこんな木を植えたら、大きくなりすぎて電線にかかったり、手入れも大変だろーとか、道の植え込みにあれこれ植えたはいいが、その後手入れしないから、草ぼーぼーで蜘蛛の巣だらけで「ない方がまし」なんじゃねーの?とか。
私たちは小学校の頃、公園などの草取りとか授業の一環でやったけど、今は全然やらないのね。

グランドゴルフやってるジジババも、せめて使ってるグラウンドの草取りくらいたまにはやっても罰は当たらんと思うが。
(私の父のチームはやってるらしい)

暑いと何かと腹が立つのは、自律神経が乱れるせいだろうかw←人徳がないだけ

公園5
     スプリンクラーと戯れる。

公園6
     小川に入れたら気持ちよさそう・・ではなく、脚が泥に埋まって動けないw
     
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

<< 気が付けば虫の声。秋が先かミサイルが先かw | ホーム | 金正恩や中国より、とりあえず線状降雨帯が困るw >>


コメント

^^

人徳ないの?オレと同じじゃないですか!
さすが同種(双子座・B型)ですなw
結局。正直ものなんだよね。不平不満を我慢しない。
絶対に反発してやるぜって感じ?

夏の暑さに負けて更新できない我がブログww^^)/

昭和のにおい~

こんにちは♪
今日、クリープを入れたコーヒー2杯飲んじゃった\(^o^)/♪
えへへへへ♪本当のことを言って怒られる私イェ~イ♪

v-535waravinoさん
きっと人徳は、私とアナタ様二人(ふたご座だしw)と世の中のB型人全員と分けてしまったので、著しく足りなくなったのでしょうw
反発・・というか、もう「八つ当たり」に近い次元かも。
なんにでもガンガン反発し、文句言える蓮舫氏はある意味すごい(笑)
私なんかPCとスマホの中でこそっとつぶやいているだけw

補中益気湯っていうパワー充填漢方薬知ってます?
飲まないよりまし?って感じだけど、これと安定剤と自律神経の薬と胃腸薬とビタミン剤で思いっきりドーピングして、なんとか永らえております。
素麺ばっかし食べてちゃダメっすよ!

v-535takoyashikiさん
いらっしゃいませ。
クリープ、子供の頃、クリープオンリーに砂糖入れて練乳味ドリンク的に飲んでました。祖父ちゃんの発案(^_^;)

何年か前までは寝苦しいとか寝汗をかくとか部活は水飲むなとか普通だったけど、今は死ぬ人増えたのは人間も軟弱になったんかな?多湿や猛暑は昔もあったのにな

v-535tさん
あー、昭和の時代は部活中に水を飲んだら「ケツバット」とか普通だったよな。
今なら、水を飲ませずケツをバットで叩いたら、即教育委員会やPTAにつるし上げられて先生は鬱病になるか解雇されるでしょう(笑)
あの頃はみんな丈夫だったと思うよ。
確かに35℃なんて日はなかったけど、子供も大人も「おばあちゃんの知恵袋」的な知識を持っていたような気がする。

ウナギですか。。。
田舎に居たころは買って食べるものだとは思ってませんでした。
捕まえて食べるものだとばかり思ってました。
田んぼの堀をせき止めて、バケツで水をかきだし、
ウナギやナマズを捕まえて意気揚々と帰ったことを覚えてます。
それが一年に一回の恒例行事でした。

あれは小学校高学年頃だったでしょうか…。
部落で石の橋を取り換えることになりました。
いつもは奥さん連中しか来ない奉仕作業なんですが、
その日ばかりは男の大人連中がいっぱい集まりました。
当然、子供たちも大集合です。

なぜかというと、その橋の下にはウナギが沢山いるという噂があったんです。
昔から架け替えたことのない橋です。
その日の当番は家です。
一輪車(ネコ)にウナギを乗せて家まで走りましたよ。
当然、その日は何処の家でもかば焼き祭りでした。
釣りをしていても、たまには釣れた時がありました。

あの頃は身近な魚だったんですが。。
いつの間にか高級魚になりました。
昔が懐かしいですねぇ~(笑)

v-535髭蟲さん
私も子供の頃、ウナギなんてそこらの川で獲れるものだと思っていました。
父が鮎釣りに行った時に吊り上げ、生きたまま持ち帰り、庭の池に鯉と一緒に住まわせていました。ちゃんと塩ビパイプも入れてあげてましたっけ(笑)
でっかい鯉とも仲良く暮らしていましたが、祖父も父も、さすがに毎日餌をやっていたウナギをさばく気にはなれなかったようで、川に返してしまいました。
父は、アユの友釣りに使ったおとりの鮎も、「戦友だからとても食えない」と言って、生簀に入れていたその戦友たちは、必ずシーズン終わりには川に返していました。

ナマズは・・・動物園でしか見たことないけど、昔はドジョウとかウナギなんか、そこらの川に普通に住んでいたんでしょうね。
いまはドジョウでさえ「買う」時代ですからねぇ・・・ザリガニや沢蟹なんて何十年も見てないような。

そういや、一輪車ってすごい動かすの難しいですね!
高校の時初めて草取りした草を運ぼうとしたけど、よろよろしてまともに進めませんでした(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP