プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

蛹集めてる主婦が他国にイチャモンつけるのはおこがましい。

メジャーリーグもテニスも米大統領選も終わっちゃって、なんだかテレビで見るものが(ドクターXとマーサの楽しいお菓子作り以外)な~んにもなくなっちゃった感じ。
朴クネやASKAのさえないツラ見ると運気が下がるような気分になるので、ワイドショー化したニュースも見たくない。

ガーゴ1
     仲良しの二人は、今日も食後に見つめ合う。

しかしねー・・・大統領選、終わってみれば「共和党勝利」と言えば問題なく聞こえるけど、「トランプ勝利」となると、「まさかの」と修飾語がつくよなw

イスラムやヒスパニックの移民排斥を悪びれずに訴えた彼の方針に、アメリカ国民の半数以上が賛同したってことになるわけよね。
その「アメリカ人」って言うのも、一体どんな人種をさすのかよくわからん。
生粋のアメリカ人はいわゆるインディアンだけで、他はイギリスをはじめ、あちこちからの移民と混血しかいないはずではないのか?
そんな(言葉は悪いけど)雑種国家で、様々な差別が大っぴらに行われているんだからねぇ・・・民主主義って何?

ガーゴ2
     「美味しかったねぇ」右=リンダ 左=しま(双方♀)

ガーゴ3  
     「リンちゃん、可愛い♪ペロ~リ」byしま

「アメリカンドリーム」って言葉が流行った?時期もあった。
彼の国では、誰でもチャンスをつかめば、成功し、ひとかどの人物になれる可能性がある・・・ま、言い換えればどんな手を使おうと、金持ってる奴が強いってことじゃないかとも思うが。(そりゃ日本でも同じかw)

ヒラリーの「愛は憎悪に勝る」という美しい訴えは、若者はおろか、年配者や有色人種にも今一響かなかったのは、長引く不景気のせいかのか、不穏な事件が多発しているせいなのか・・・(表向きは)キリスト教的美徳が好きそうな国民も、堪忍袋の緒が切れたのだろか?
我々を救ってくれるのは、キリストではなく、カリスマ指導者だ!と露骨に意思表示をするようになったのか?

ガーゴ4
     「あら、しまちゃんだって可愛いわ~♪」byリンダ

ガーゴ5    
     「ありがとう♪も一回ペロ~リ」byしま

こう言っちゃなんだけど・・・アメリカがイラクやアフガンをつついて、パンドラの箱をひっくり返したような状況にしちゃったせいでISなんてのが出現したんじゃないの?
フセインみたいな大悪党でも、そういう強大なカリスマ的力で押えていたから、イスラムは「見かけは」均衡を保っていたんじゃないかと思うわ。

そりゃ虐げられた人々は気の毒だけど、今だって気の毒な人たちはどっさりいるわけだし、アメリカの言う自由や幸福の概念は万国共通であるはずもなく、てめえらの理想を押し付けて、よその国を引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、「こりゃダメだ」的に撤退しちゃうなんて無責任極まりなく、やっぱり今の事態はアメリカのせいだって言いたくなる。

ま、所詮傍観者であるワタクシが分析するようなことでもないのですがw
アメリカ VS“IS" VS 移民 といった三つ巴の争いにならないことを祈るww

ガーゴ6
     「じゃあディープに・・」  我が家のLGBTとは・・・
     L=レオパ、G=ガーゴ、B=ビブロンゲッコー、C=クレス 

ま、我がテリトリー(家内)でも小規模な紛争は日に何度も勃発しては忘れ去られ(私は覚えてるぞ!)、きわどく均衡を保っているわけですが。

そんな内紛も忘れるほど、私を魅了してやまない、この蛹と言うイキモノ。

蛹
     ミルワームが蛹になったよー!

カブトムシとセミの蛹は見たことある(触ったことはない)けど、それ以外は初めて!
成りたてのやつは、つつくとピクピク動くのよね~。
それを集める作業が楽しくて、毎日がプチハッピーな浮世離れしてしまったダメな大人は私ですwww
(でも成虫になったらちょっと嫌かも・・・←甲虫怖い体質w)
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

<< 恒例年末鬱のため、八つ当たり的批判をしますw | ホーム | 「わかる」とはw >>


コメント

ミルワームのサナギは良いエサになりますよ。ハサミムシにはさみでちょん切って(残酷!)与えるとよくだへました。茶色くなってもピンセットなどでつまめば、腹部をくねくねします。

昔から言われていることですが、アメリカは他所の国のもめ事に首を突っ込んで、ことを大きくして武器を売りつけなければならないので大変なんですよ。いわゆる「死の商人」たちに儲けさせる必要がありますから。

今のアメリカは変な人権配慮から「12月のジレンマ」に陥ってたりするのは何なんでしょうね。それに引き替え日本人は何でもかんでも都合良く取り入れて、最近ではハロウィンが本来の意味とかけ離れた馬鹿騒ぎの日になっているし・・・。

ついこの間死んだカストロはアメリカに亡命したキューバ人にとっては独裁者で嫌われ者だし、キューバ国内の貧困層には良き指導者だったり。

未だに続くパレスチナ問題は、イギリスの二枚舌外交が発端だし、アフリカ諸国の内紛は、元はといえば欧米の植民地化のせいだし、アメリカが余計なことをするから
ISが台頭することになったりと・・・結局、何が言いたいのかわからなくなりました。

v-535しろたん.さん
突っ込みどころのない記事に、沢山のコメント恐れ入りますv-356

かつてはアメリカかぶれだった私も、近年は嫌な点ばかりが目について・・・やはり大国主義と言う意味では、中国やロシアと変わんないじゃんって感じ。強引さだけが際立ってきたような。
世界の警察を自認するくせに、やってることは強権的な制圧に近いもので・・あ、まさに警察かww
ISは絶対にアメリカが生み出した恐るべき負の遺産。現役だから遺産じゃなくて恐怖の軍団かしら?
なにがテロとの戦いだか・・・片腹痛いわ。

何でも都合よく吸収し独自の文化に変容させるのは、東洋の気質なんですかね?
インドや中国、インドネシアなどでも顕著な気がします。(神様関係が特に)

しかしISとの戦いって、どこにも落としどころがないような気がしますねぇ。イスラム教かキリスト教いずれかが廃教でもしない限りw

今朝、ゴミムシダマシちゃん第1号が誕生してましたーv-411
あまりにも地味・・カブトムシは怖いけど、これは大丈夫そうです(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP