プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カエルの秘密。

何年にもわたり、幾種類ものカエルを飼育していながら、その生態やヒミツ(!?)についてぜ~んぜん知らないということ、を知りました。

ま、人間、しかも長年同居してる人間についても(要するに己についても)よくわからないんだから、カエルについて知らなくても不思議はないかw(勉強しろ!)

動植物の生存本能というか能力については、テレビや本でもよく取り上げられているけど、カエル(特に身近にいる日本のカエル)についてはなぜかテレビ番組とか見た記憶がない・・・。

リンリン1
     リンリン(ユンナンオオスズガエル)爆睡中・・つか冬眠モード?

リンリン2
     持っても動かないので、いつも死んだか!?と青ざめる瞬間w(ピンボケ)

全部のカエルに共通と言うわけじゃないかもしれないけど、普通カエルと言えば、水中生活に適し、主に植物性の餌を食べるオタマジャクシから、陸上生活に適し、主に動物性の餌を食べる成体=カエルになる。
呼吸器はエラ呼吸から肺呼吸に変わり、消化器は長い腸を持つ植物性型から、腸が短く胃が発達した動物性型へと変化する。
乾燥から身を守る皮膚の分泌腺や、目を保護する瞬膜も発達する。

オタマとカエルは、違う生息域で違う餌を食べるから競合することもない。
これが世界中で多くの種のカエルが生き延びている理由の1つらしい。
2016年1月現在、6618種が確認されているとか。

リンリン3
     ぬるま湯に入れるとあわてて泳ぎだす・・つか溺れてる風情w
     脱皮は私がピンセットでアシスト。野生個体はどうやって生きてるんだ?

オタマはできるだけ好条件下で変態を試みる。
幼生のうちに大きく成長できれば、変態完了後に大きな成体になり、その後の生存率も高まる。

逆にオタマの生活環境が不安定な場合は、なるべく早く変態して、より遠くまで移動できるようにする。
水が干上がりそうな時、オタマの個体密度が高い時、餌が乏しい時などは、体のサイズを犠牲にして、変態開始時期を早めている。

なるほど・・・近所の田んぼでも、干上がりそうになると、小さいのに足の生えたオタマが増えるのはそういうことなのか・・・ほほーww

変態は、主に甲状腺ホルモンの働きで進み、それは脳下垂体から放出される甲状腺分泌ホルモンによって調節されるが、この刺激ホルモンの合成・分泌を促す脳内因子の合成・分泌は環境による変動のためと考えられているらしい。
カエルに甲状腺があるなんて知らなかった・・・。

全部研究者の受け売りですいませんが(汗)・・・あの小さな体の中で、そんなに複雑で高等な出来事が起こっているなんてねぇ・・・なんか感動的。
(ウィルスや菌も複雑だけど、カエルの方が人間っぽいじゃん)

いもり
     イモリも似たようなものなのかしら?
     オスが3匹死に絶えた後も、しぶとく頑張るメス匹。御年15歳以上w

それに引き替え・・・水槽の中で、清潔かつ適温の水、豊富な餌、天敵皆無という、まさに高級温泉旅館の様な所でオタマから育ったカエルって、野に放ったら生きていけるんでしょうかねぇ?

ぼっち1
     餌=ピンセットと認識している感のあるぼっちさん(ヌマガエル)

そういや、先日ぼっちさんが今年初鳴きしました。(以後鳴いていない)
それはまさにコトが避妊手術を受けてるor受け終わった時刻。カカカカカと突然。
野性を捨てた代わりに、別の能力が備わったとか・・・それもまた、いとをかしww

ぼっち2
     リンリンの食べ残しは全部ぼっちさんの腹の中w
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

<< 驚くことあれこれww | ホーム | 私は中2病ww >>


コメント

うわ!イモリって、そんなに生きるんですね(汗
15歳異常って犬猫超えちゃう勢いですね・・
ビックリしました(;・∀・)

リンリンさんの慌てて泳ぐ姿がカワイイんですけど・・(;^_^A
手がかかってる様ですが、手かかるコ程カワイイとか言いますし(汗
ヌマガエルは、カカカカ・・って鳴くんですね♪
暖かくなったら賑やかそうですね^^

美しく飼育されていますね~!凄い…。やばいわ、うちの飼育環境(滝汗
イモリは長生きみたいですね。飼育下で20年以上の記録があるようで…目指せ、30年!
うちのイモリ♂3匹年齢不詳も、とんがりねずみさん見習って長生きさせてやりたいです。冷凍アカムシ以外にお勧めの餌ってありますか?

v-535ぷちとまとさん
アカハライモリやチョウセンスズガエルはすごい長生きみたいで、20年以上の飼育記録があります。
去年バタバタ☆になっちゃった♂3匹も、みんな15年はうちにいたはず。病気もしないし、高温低温にも強いせいかな。

リンリンなんだけどねぇ・・・ネットで見ても店の人に聞いても、飼育はチョウセンスズガエルと同じで生態も同じようなモノ、ってことなんだけど、全然違うぞー!
泳ぐの下手だし寒いと仮死状態になるし(パネヒ敷いてあるのに)、まったくv-403
あのカカカカカって声、外から聞こえてきても何の声だかわかりませんでしたが、ぼっちさんを飼って初めてヌマガエルの声だと知りました。田んぼでアマガエルとごっちゃに鳴いてるから、ちょっとわからないかもね~。

v-535Lauraさん
あら~、お久しぶりでないですか~。
イモリの環境のことですか、美しいってのは?
まっさか~(笑)
テラリウム用のバイオサンド敷いて、カメ用の岩場設置してあるだけで、無濾過無加温、週1水替えするだけです。水道水ぶちこんでも全然平気w
餌なんか、9割は乾燥糸ミミズおんりー。
このすさまじく手抜き&貧乏な環境で、たくましく育てたのが幸いしたのかと(笑)
金魚も過保護だとすぐ死んじゃうしな。
私はアカムシめったにあげません。食べるの下手でぼろぼろこぼすから。もうほとんど糸ミミズだけww
ウパにあげてた光クレストのキャットっていう丸い餌、食べやすそうでしたよ。基本何でも食べますが・・・あ、うちはピンセットであげてます。

ヒキガエルは干上がらない池を選んで大量に産卵して、変態後の大きさは1センチあるかないかの超ミニサイズ。でも成長すると10センチくらいにもなる。これはどういう生き残り戦略なんでしょうね。そう言えば外国じゃtoadとfrogは別物らしいですよ。カエルは調べ出すといろいろとおもしろい生き物です。

私は長生きする生き物飼育には向いていない気がします。昆虫くらいのサイクルが性に合っていますね。

今は生き物飼育のモチベーションが全く上がりません。植物栽培も然り。すっかり自分が枯れてしまいましたとさ。

v-535しろたんさん
なんでヒキガエルだけ別なんですかね?「いやなやつ」って意味もあるみたいだけど・・・なんか悪さするんでしょうか?
どっちかって言うと「ドン臭い奴」なら納得できますが(^_^;)

たしかにヒキガエルのオタマって、小さくてびっくりです。
逆にオタマの方がでかいアベコベガエルなんてのもいますよね。
リンクにある「~溺れるカエル~」のぷちとまとさんとこのヒキガエル、すごいですよ。もうカエルではなく、ハムスターとかウサギみたいに、行動が小動物化してますw 頭いいんでしょうね、ヒキガエルって。

春の憂鬱・・かもw
私も近年新しい物事に手を出す気にはなれません。
ただ、今いる生き物、多肉(動物扱いw)に関しては、不思議と関心が薄れないというか、手をかけるのが面倒じゃないというか・・・長く付き合う方が情が移ってモチベーションが維持できるのかもしれません。

家のジムグリガエルたちも家に来てからだけで9年ぐらいになりました。
まだまだ元気です。
ペットショップの寿命2~3年説は何が根拠なんでしょうね?
不思議になります。

ヒキガエルは頭が良いですよ。
(見かけで嫌われるだけでしょう。)
何となく人間は哺乳類→鳥類→爬虫類→両生類…みたいな順位付けをしてます。
これは人間に気質?が似てる順番じゃゃないでしょうか…。(笑)

ヒキガエルは単独飼育をしていると人間にかなり馴れますよ。
残念ながら家では片方が絶えず人間嫌いです。
カエル同士が仲良しなのでそれで良しとして我慢してます。
バラちゃんは猛烈な人間嫌い、ヒキちゃんは人間に慣れてます。
一緒に飼育してると、どうしても人間嫌いの方に引きずられるようになります。
仕方ありませんよね。^^
同種で仲良し、それが一番です。

v-535髭蟲さん
ショップのいう寿命は、早く死んじゃった場合クレームが来ると困るから短めに言ってるんじゃないですかね(笑)
ジムグリはWCばかりだろうし、一般的にカエルの年って見た目だとわからないからなぁ。
以前モトイカブトトカゲのWCを買ったのですが、2週間ももたなかった~!元気だったのに、朝見たら・・・こいつも年がわからないタイプのトカゲだったから、まぁ老体だったのだろうと。
あとは個体にあった環境を作れるかどうかってのと、個体の性格みたいなのもあるんでしょうね。

ぷちとまとさんとこのヒキガエルのアリスさんは、もう完全に哺乳類型の生き物に進化?してますね。ありゃすごいww
あそこまでなつくと、ほんとにかわいいだろうなぁ。
もう迎え入れた以上、カエルと言えども野性を求めるのは無理。どうせなら、べたべた犬猫みたいに戯れたいです(笑)
うちではレオパのチャラ男(=ローズ)が犬と仲良しです。
物おじしない性格がそうさせているんですかね?おもしろいですv-411

こんにちは~(^0^*)ノ

家の子供たちが通ってた幼稚園
年少さんの字がまだ読めない子達のために
下駄箱とかカバン掛けとかに
自分のマークのシールが貼ってあったんですけど
息子のはカエルの絵でした(^^*)
そこからお土産とカエルにまつわるものばかり与えてたら
立派なカエル好きに育ちました(笑)

きっと、とんがりねずみさんのお話を
興味深く聞くと思います(^^*)

そうそう!ヒキガエルのカエルに成り立てって
本当にちっちゃくて可愛いですよね~(^∀^*)
あれが、あんなに大きくなるなんて
誰が想像するでしょうか??(笑)

v-535かじぺたさん
あー、懐かしいですねぇ。幼稚園って、そういうシールとか満載でした(^_^)
持っていくバッグとかも、今みたいに柄入りのキルト生地製のものじゃなくて、どこの家でも母が手作りしてくれて・・・アップリケ得意だった母は、私の物にはぜ~んぶミッフィーw
あれ、簡単でかわいくできるからな(笑)
ただ・・あの頃は「うさこちゃん」って名前だったような・・・いつからミッフィーになったんだろう?
同じく、ムーミンのガールフレンドがいつのまにか「ノンノン」から「フローレン」になってたしww

私、ヒキガエルって成体もオタマも実物みたことないんですよー!
実家なんて古いから、縁の下もあるし、井戸や池もあったのに、なんでだろー?出てくるのは蛇ばかりでした・・・あ、だからカエルがいなかったのか!?
ほんとはね、今飼いたい唯一のモノがヒキガエル♪(あきらめてるけど)

えええええーーー??!

そうだったんですか!!

私は幼稚園のときに超セレブな田園調布ちかくの祖父母の家
(ちなみに家はセレブでは無い(笑))の池で
大発生したヒキガエルを捕まえようと
カゴ持ってカエルと一緒に飛び跳ねて、追い掛け回してめっちゃ怒られたり
(もちろん池には大量のとぐろ巻いた卵が・・・)

近所の田んぼにも、春になればいつでもあの卵&おたまが大量発生してて
(横浜・・・なんですけども・・・)
学校の水槽には大量のヒキガエルの子ガエル!!!
を!飼育係が放置した所為で長い休みが終わって
教室に入ると水槽がカラカラに乾いてて
水槽壁面には子ガエルの模様が(´Д⊂。
いや、命を失った平面ガエルに成り果ててたり・・
(本当に可愛らしいので
ついつい飼おうとしちゃったんでしょうけど
あれは衝撃でした!!)

それこそ、男子が朝
でっかいヒキガエルを教室まで連れてきて
教卓の上に置いておいたり・・・・・・
(先生がどういう反応したかは忘れましたけど
なんてベタな悪戯だったんだ!!)
林の中で不意にヒキガエルに出会ったり・・・
と、およそ本当に横浜なのか??ってくらい
ヒキガエルとはお友達でした(爆)

そういや、大人になってからは
自然で見たこと無いですね・・・・・・
あんなに身近な御友達だったのに・・・(笑)

v-535かじぺたさん
今でも東京の結構な都会の住宅地で、ヒキガエル見つかるそうですよね。
そんな都会にいて、なんで我が実家のような、田舎でもないけど水場も餌もありそうなところにいないんだろう?やっぱ蛇とか天敵との関係かしら?

実家の方では田んぼと言えばトノサマガエルでした。
小学校5年のときだったかな、カエルの解剖をやるからカエルを採ってこいという指令が出て、種類は指定されなかったのに、みんなトノサマガエルで・・・それをバケツに入れて持ってきて、授業中に脱走したり、男子が後ろから女子の背中にカエルを入れたり・・・懐かしいわぁ(笑)
今、小学校でカエルの解剖ってやるのかな?
私はメスを入れるのは嫌で人任せにし、そのくせカエルが死んでも動いている足の筋肉を切り刻んで遊んでたら、「お前が一番残酷だ」と言われました(汗)

ヒキガエル、野性のやつに死ぬ前に一度はお目にかかりたいものです(笑) いやまじでww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP