プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

耳にも目にも鼻にも、春がいっぱい。

三月も早半ば。
日差しも明るさと温かみを増し、随分と日も長くなったなぁと思う今日この頃。

・・・すなわち、サングラスとマスクと目薬が必需品となる鬱陶しいシーズン到来でもあり、ワタシ的には「残念感」が強いw

でも、野鳥のさえずり(メイティングコール?)がよく聞かれるようになると、なんとなくウキウキするような気分になります。

福1
     なんだかピカピカ光ってる福ちゃん。

人間の五感の中で、聴覚は嗅覚と共に受動的(耳と鼻には蓋がなく、常に外からの刺激を受け入れる状態)なので感度はいいのだが、強弱や高低以外の音の性質を具体的に表すのは難しい。

例えば、他の感覚に置き換えて、「明るい音」(視覚)、「甘い音」(味覚)、「柔らかい音、ざらついた音」(触覚)などと表現すると、日本人には普通に通じると思うけど、これが外国人相手だとそうもいかないことがあるそうです。

福2
     ああ、脱皮ですか。

福3
     必死感が伝わってきます。ヒキガエルの皮ってなかなか剥けにくいみたい。

トランペット開発に携わっていた日本人が、ウィーンフィルの奏者から「もっと明るい音を」と要求されたそうだ。
日本人の「明るい音」のイメージは、硬く、薄く、細い音に近かったが、ウィーンの人々のそれは「柔らかく、芯が太く、豊かな音」。
蛍光灯より、白熱電球の明るさ的なものだったらしい。

言葉って、難しいよね。

これが万国共通に同じ感覚や価値観で理解できたら、揉め事や戦争も激減するんじゃないかって気がするのに。
(家庭内でも共通じゃないんだから、どだい無理な話だw)

福4
    福ちゃんの脱皮は全部終わるまでに3日くらいかかります。
    天ちゃんは知らぬ間に終わってて、どんどん大きくなってるw

身の回りの音も春めいてきたけど(家庭内では、くしゃみの爆音、鼻をかむ炸裂音が・・w)、やはり視覚で捉えられるものも、日に日に生気をみなぎらせていくのがわかります。

陽光
     プレイオロピロス陽光が開花♪
     うちの多肉の中で一番花がでっかい!いい買い物だった♪

黒法師1    
     思い切って茎をちょん切って差し芽をした黒法師。
     親木の脇から、可愛い芽がいっぱい出てきた~♪(人差し指と比べて)

黒法師2  
     黒法師の差し芽をした上の部分は巨大化w
     親より茎が3倍くらい太いよ。下葉が枯れてこないのはなぜだ?

断崖の女王
     断崖の女王も新芽がぞろぞろ♪

リトープス
     1頭だったリトープス(大観玉)、一昨年分頭下が片方がおかしなことにw
     一昨年萎む筈だったやつ(左上)がまだ頑張ってる。どうなるんだ?

桃
     今頃桃が咲き始めていた。月遅れの雛祭り用か?

花も咲かず、新芽も出ず、成長もしないのは、私だけかよwww

ジュメ
     「なかなかいい出来栄えね♪」
     先日私に萌えていたのはこれのせいだった。スバラシイ無精卵(残念w)    
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP