プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

小さき者は理屈抜きに可愛い。

くりが逝って、早2週間なのか・・もう2週間なのか。

私がしていることと言えば、ハチュたちのお世話の他には、向かいの田んぼで採ってきたオタマジャクシを育てることくらいでw
とはいうものの、こいつら餌もろくにやらずとも(田んぼの水にはミジンコがいっぱい)勝手にカエルになってくれる。

年々カエル自体の数が減ってる感じがする(鳴き声が少ない)けど、今年はアマガエル不足!6匹採って全部ヌマガエルだ!
去年もアマガエルは1匹しか見てない。

三日前上陸した第1陣の皆さん。(めんどくさくて、画像はツイッターのを使いまわしw)

ヌマガエル1

ヌマガエル2
     激しく地味ですが、かわええ♪

1㎝あるかないかの大きさだけど、昨日から糸ミミズをピンセットから食べてます。
赤ちゃんはみんなかわいいな。

こっちは去年6月にハッチしたビブロンゲッコーベビー2号。
6月27日に2度目の脱走を図り、7月8日、逝ってしまったくりと入れ替わりに帰ってきましたw
こいつは去年の同時期にも同じことをしておりまして・・・6月末は逃避行の季節!?

2号2
     何はともあれよかった・・・。
     どこにいたかと言えば、ジャイゲコのガラスケージの下から出られなくなっていたw

2号1
     しかし、親は20㎝くらいあるのに、こいつらまだ7㎝・・・大丈夫なのか?

気温上昇に伴い、みなさんお通じがよくなり、ウンコ掃除に忙しい今日この頃。
人間スペースの掃除は誰がやるんだろう・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

御礼。

もうお悔やみコメントをくださっている方もいるのに、遅ればせながら・・になってしまいましたが・・・。

くりは7月7日、おりしも七夕の朝、(この言い方好きじゃなかったけどこれしか言いようがない)星になりました。

実際のところ、自ら星になったわけではなく、苦渋の末の・・・人間では決して許されない旅立ちをさせてしまいました。

しかも当日の朝決めきれないまま無理を言って病院に駆け込み、そこでも延々と先生を捕まえてぐずぐずとみっともなく悩み、予約診療を抱えた先生にもものすごい迷惑をかけちゃって・・・。

最後の1週間くらい小出しに号泣していただんなとは逆に、私はまだ頑張ってるくりを見てて泣く気になどなれず、冷めた目でみていましたし、壺に入って帰って来た時も、「やれることは全部やった」という思いはあるのでまったく悔いはなく、じわっとするくらいでした。

が、日が経つにつれてどうにも・・・
今日は心の整理をつけるために、3か月余に及ぶ一喜一憂、最後は壮絶な闘病記を書こうと思っていたのに、とても無理そうです。

画像も取り込む気になれず・・・意外と根性なしでした。残念・・w

子供の頃から、何度一緒に暮らした生き物の死にはなんども直面してきたのに、今回はちょっと違うというか・・・言葉が見つかりませんで。

今言えるのは・・・励ましてくれたり、くりをかわいいと言ってくれたみなさんのメッセージには本当に感謝感謝で・・・まだレスも入れていませんが、この場をお借りして御礼申し上げます。

まぁ事の顛末はだんなのブログの方にほとんど書かれちゃったけど↓
http://photokuri.blog63.fc2.com/

何だかくどいばかりで、要を得ないめちゃくちゃな文章でスイマセン。
今のところ、これが限界で・・・・

でも、くりが逝った翌日、6月27日に脱走したまま行方不明だったビブロンゲッコーベビー2号が無事帰還しました。(実は去年のまさに同じころ、同じことをしているという・・w)逝くヒト来るヒトww

ほんとうに応援ありがとうございました。

テーマ : チワワ生活 - ジャンル : ペット

| ホーム |


 BLOG TOP