プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ビブロンゲッコー 1匹(1号♀)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
ヒキガエル 2匹(福、天)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
和金 3匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

人事を尽くして天命を待つ。

くり、6月23日(火)に胆嚢摘出手術を受けました。

肝臓への癒着はひどかったけど、うまくいき、3日目からは自分で普通食も食べるようになりました。

が。

懸念があった免疫介在性の貧血が急激に悪化し、日曜にはちょっと・・・な事態に陥りましたが、輸血をしてもらい、今必死に戦っております。
敵は、なぜか己の体内で変化してしまった、薬耐性の大腸菌。
その炎症が引き金となり、免疫が錯乱して暴走し、自分の赤血球を壊しまくってるわけです。
まったく・・・自分で自分を壊しているという究極の矛盾。

くりは頑張っております。
我々も頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ : チワワ生活 - ジャンル : ペット

情熱の嵐・・ならいいけど、うちはため息の嵐・・w

かなり放置してしまいましたww

細菌、じゃなくて、最近思うこと。

豊満なボディでも、アホな頭でも、すごい毒舌でも、それがお金に換算され(もちろん本人が望んで)、ある種の人々を楽しませることができるのは実にすばらしく、とやかく言われるべきではない。

野党はなんでもかんでも議案の議決を引き伸ばし、まともな対案も出せないんだから、救いがない。

18歳選挙権を嫌がる若者が多いのは、残念。(今だから言えるww)
外国では早く大人の仲間入りをしたがる人が多いのに、日本じゃまたピーターパンシンドロームが流行ってるのか?

トヨタの女重役が密輸したオキシコドン、私が処方されたラタノプラスト、グランダキシン・・・薬の名前って恐竜っぽいw

先日作ったバイオ蚊取り器、覚えておいででしょうか。
蚊が取れるどころか、産まれたてのゴキブリちゃんとハエが大挙してお入りくださり、ハエなんか卵も産んじゃって蛆虫だらけになっていたという・・・結論。これは台所に設置すべきww

犬が病気になって家にいない(入院)と、新聞読む気にもテレビ見る気にもブログ書く気にもならない。
・・・前記事で散歩に行けるようになったって書いたばかりなのに、その2日後2度目の発作を起こしそのまま入院。
今度はちょっと思わしくなく、手術が視野に入っています。
もう家の中はため息の嵐・・・吸う息より圧倒的に吐き出される息が多く、CO2過多で息苦しいです。

そういや、くりが入院した日、私も20年ぶりくらいに38.5℃超える熱を出し、医者へ。
そしてくりと同じ喉の薬(カルボシステイン←怪獣っぽいw)を出されるというww

ま、そんなこんなで、ダメダメな今日この頃。

そんな中、呑気に想像妊娠して(?)卵産んでる人もいますが。

しま1
    オス疑惑浮上中だったしまさん。初卵にしては立派だ。
    
しま2
     あんた、そんな高い所から産み落としたのか!? まずくないか!?
     また腹がデカくなってますww

でも、人間が2名とも凹んでるので、こういう能天気なヒトたちがいるのはありがたいです。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

悲喜こもごもですw

早くも6月・・・。
今年は4,5月と、くりのことに忙殺されてスルーしてしまった感じなので、もう今年も半ばかと思うとそら恐ろしいようなw

さて、めでたいニュースと残念なニュースです。

6月6日はビブロンゲッコー1号がハッチして1周年♪
卵生動物の場合、卵が産まれた日が誕生日なのか、孵化した日がそうなのか、今一わかりませんが。
ちょうど1週間後の13日に2号がハッチしました。

なかなか餌を食べてくれず、2匹とも脱走し、1,2週間放浪して帰還した時には、どっちも尻尾を自切してて・・・だんなが「ゴキブリだ!」と騒いだので、ぶったたいてしまうところでした。

それが・・・

ベビー1
     こんなに大きくなったよ。・・つか、まだこんなに小さいよww
     (これは4月の写真 左が1号=デブw)

ベビー2
     でもねぇ・・まだ全長7,8㎝ってところ。親の半分もないw

なんとなくどっちもオスっぽいし、1号が威張って餌を横取りするので、ビビりな2号がまた尻尾をちょっと自切しちゃって、先日から別居させました。


両親の方、父は半年くらいなぜかハンスト中で、発情もせずイナバウアーばかりしてるけど(痙攣もするから神経系がイカレタっぽい)、母は元気だったのに、ここ2ヵ月位餌を採るのと脱皮が下手になり、食べても食べても太らないし、なんか変だなぁ・・とは思っていました。

日曜の夕方手にのせたら(普段は逃げるのに)もうぐったりしてて虫の息。
夜には★に・・・まさか母が先に逝くとは夢にも思わず、がっくりです。

WCだったので、迎えた時の年齢が分からないからね・・・4年弱うちで過ごして、いっぱい産卵してくれました。
(孵化させるつもりもなかったのに勝手に孵化した)1号と2号は、大事な忘れ形見となってしまいました。
しかし、よりによって、2匹の誕生日の間に亡くなるとは・・・因縁を感じるなぁ。

ビブロン1     
     仲良しだったのにね。

ビブロン2
     母、顎がずれてて、尻尾も伸びてこなかったのよね・・。

今年は亡くなるヒトや病気になるヒトが多くて、厄年だなぁ・・・がっくりww


さて、こっちは再起動!

お散歩も無理しない程度にGO!サインが出たので、早速例のモノを持参して蓮華寺池公園へレッツゴー!

くり1
     犬社会も高齢化で、出回り始めた犬用乳母車・・いやカート。

くり2
     「ゴーゴー!!」 安物だけど、意外と使いやすい。

くり3
     結局、半分以上歩いてしまった。

まだまだ治療は続くけど、ローマは1日にして成らず、千里の道も一歩から。頑張るべ♪





テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

| ホーム |


 BLOG TOP