プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ビブロンゲッコー 1匹(1号♀)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
ヒキガエル 2匹(福、天)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
和金 3匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

年度末調整。

いよいよ平成26年度も終わりますが、この時期の交通事情には辟易します。
どうでもいいような所を、予算消化のためにやみくもに掘り返しているようで・・・あっちで渋滞、こっちで渋滞w

この「年度」っていうよくわからん制度は、日本独自のモノなんですかね?
学校も会社も3月が締めで、4月から新年度。
だけど外国の学校はほとんど9月からでしょ?(会社はどうなんだ?)
電話も教育制度もガラパゴスのままいくのかしら?改正案もあるけど、全然変わんないじゃんw

桜も咲いて、若葉も萌え始め、いい季節になった・・・はずなのに、葬式が増えるんだよね、この時期。
木の芽時に体調崩すのは人間だけではないようで、我が家でも先月から2匹目の死亡者が出てしまいました。

2月にヒメツメガエルの♂が突然死してがっくりしていたんだけど、今度はチョウセンスズガエルの♀(ベリー)が・・・。
ベリーは3ヶ月くらい拒食してたし、去年の産卵期も1回しか産まず(一昨年は7回産卵)、♂(ジミー)を拒む感じでなんか様子が変だったんだけど、もしかして迎えた時すでに老体だったんだろうか?
スズガエルの寿命は20年って聞いていたので、大変遺憾です。
ジミーが寂しそうで、かわいい声のメイティングコールもしなくなっちゃった・・・。

ヒメツメ
     在りし日のヒメツメ夫妻。オスを組み敷く恐妻ぶりw

スズガエル
     絶倫ジミーに追い回されて消耗しちゃったのか、ベリーちゃん・・・

スズガエル♂1匹とヒメツメ♀1匹という妙な組み合わせの水槽になってしまった。

土曜日に水槽のぞいたら、2匹とも姿が見えないので、陸のシェルターを持ち上げてみたら・・・な、なんと!
ジミーと水棲であるはずのヒメツメ♀が向かい合って鎮座しているww
どういうことだ!? 連れ合いをなくした者同士、慰め合っていたのか・・・春はおかしなことが起こりますw

このまま妙な組み合わせで飼い続けるか、どちらか相方を探してやるべきか・・・なんとも悩ましい春です。

逝くヒトあれば来るヒトあり。
ベリーが亡くなる前日、やってきたヒト。

ベタ1
     トラディショナル・ベタ♂  名前は「β(ベータ)」

ベタ2
     ずーっと悩んでいたけど、年度末調整(何を調整!?)で購入w

あぁなんてエレガント♪
多肉植物(の「多肉」感)もそうだけど、ベタのエレガントさも私には著しく不足している成分なので、常々魅かれておりました。

この色、なんかデジャヴを感じるなぁ・・と思っていたんだけど、さっき犬の散歩中に思い出した!
私が成人式に着た振袖の色なんだわー!
あの「振袖」はとてもエレガントだった(が、着ている人が残念だった・・・)。

で、ついでに植物も年度末調整。

ソウカクデン1
     ボウィエア・ヴォルビリス 蒼角殿(そうかくでん)
     蔓がごちゃごちゃ伸びて、可愛い白い花が咲く・・はず。

ソウカクデン2
     この玉ねぎのようなカボチャのような球根に魅せられたw

断崖の女王1
     シニンギア・レウコトリカ 断崖の女王。

断崖の女王2
     これ、まじでこういう名前なんですよ。
     別名は「ブラジリアン・エーデルワイス」

あぁ、丸いってなんてステキ♪
しかし、多肉植物の舌をかみそうな名前、何とかならんかねw
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

脂肪か筋肉か・・・それが問題だw

恒例となった年行事、人間ドックも済んで、結果はどうあれ本年度も終わった感じです。やれやれ・・・

(だんなの会社の)指定コースが変わったらしく、検査項目に若干変化があり、階段昇降付きの心電図とかなくなったので、あっという間に終わったような・・・あ、世の中年度末で忙しいから、こんなところでレントゲン撮ってる場合じゃないよね、空いてたしw

サクサク終わったのはいいけど、ここ数年毎年ケチがつく要注意の検査がスルー・・・大丈夫なのだろうか(心臓だしw)。
胃カメラも経鼻式になってからめちゃ楽ちんだし、一番痛くて屈辱的なのはマンモグラフィーだな。(これ、大きいヒトは楽なんだろうか?)

くり
     静岡もソメイヨシノ開花宣言。このヒトのドッグドック(血液検査)は来月。

2月から、あれこれとストレスになることが多かったせいか、胃に出血が~・・・残念ww
前日まで痛くもなく食欲も普通で異常なかったのに、検査後写真見せられてから、マジ胃が痛くなり食欲不振著しく・・・「病は気から」「知らぬが仏」w

最後の内科検診で、「これ以上痩せないように。もっと筋肉付けて。」と言われ・・・これが一番大いなる課題。
これまでの先生には「もっと脂肪をつけて」と言われてきたけど、この日の先生は体育会系なんだろうか。
体脂肪率13%に筋肉上乗せしたら(今も筋トレやってますが)、骨皮筋のギスギス女になっちゃうじゃないか!
丸みを帯びた色白の女らしい体にあこがれ・・・てるわけじゃないけど(そうなった自分が想像できない)、いい年して、色黒ムキムキって・・・ちょっと侘しすぎるww

でも、自分にないモノには魅かれる、んだと思う。
お肉たっぷりメセン類(多肉植物)たちが脱皮し始めました。

メセン1
     開花しなかったのに分頭した紫勲。

メセン2
     これも小さかったので開花せず。青磁玉。

メセン3
     毎年咲いてくれる曲玉。

メセン5
     根っこがないのでもう捨てようと思ってたら脱皮w トップレッド。

メセン4
     これも未開花なのに分頭した朱唇玉(右)と麗春玉。

メセン6
     アルギロテルマのパテンス(左)と金鈴。そっくりだけと別種。

帝玉
     こっちは開花間近の帝玉&紫帝玉。

他はまだこれからだな。
そして斑入りのコノフィツムが新たに仲間入り♪(いただきモノ)
メセン7

ハチュ好きは「脱皮」というキーワードだけで、魅せられますw 春だなぁ・・・。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

日本はガラパゴスから遠ざかれるのか?

今年は梅の花をろくにみないうちに、桜の季節になっちまったw

それもみな、市の委託業者(たぶん)のせいだ!
きっとやっつけ仕事で植え込みや樹木の剪定をしたんだろう・・・梅が花をつけるビューンと長く伸びた新枝を、5㎝くらいに伐っちゃったので、花なんか一枝に2,3輪ついていればいい方。
いくら実を採らない木だからと言って、いくら委託業務だからと言って、プロの植木職人って、樹木に愛情を注いでやってるんじゃないの?
くそったれ業者めが!税金で給料払ってるのかと思うと腹立つわ!!

ラクタロウ1
     「税金ドロボー!!花の命を何と心得る!?」 怒るラクタロウ君。

話は変わりますが。

今、ISのことや中国、ロシアのことなど様々な国際問題が持ち上がっているけど、発言力の大きいアメリカと、(安倍首相になってからはかなり強気になったが)なんかこう・・他人の顔色ばかり窺ってる日本の態度の違いは、どこから来るんだろうなぁと。
そりゃ国の大きさの違いは当たり前だけど、まだ敗戦コンプレックスみたいなのを引きずってるんだろうか、日本は。

アメリカ人と仕事をする機会の多い人が、両国の違いを端的に指摘していました。

一言でいえば、日本人はマイナス思考でネガティブ、アメリカ人はプラス思考でポジティブ。

まず言葉がそう。
日本語は受動態や否定形を多用し、子供のしつけも「してはいけない」ことを教える。
一方、英語は肯定表現が多く、子供はほめて育てる。

ラクタロウ2
     褒めて育てたら大きくなったよ♪ヘンケリーで28㎝あればいいよね?

ラクタロウ3
     ほら、大きく育って・・・ww

また、日本人は常に「いかに失敗しないか」を考えており、アメリカ人は「いかに成功するか」を考えている。
日本人には失敗談がウケるが、成功談は自慢話と取られる。
アメリカ人に失敗談ばかり話すと、根暗だと思われる。

これは単一民族(在日はいるけど)の島国と、多民族からなる移民の国という違いからくるもの?

アメリカでの生活は、日本にはない解放感がある(良くも悪くも)。それは私も感じた。
人と人の距離も遠いし、色んな移動も自由。
日本では、会社、学校、地域という小船に乗って、乗り合わせた人に迷惑をかけまいと肩をすくめているような感じで(そうじゃない人も増えてきたけど)、他の船に乗り移ることも容易じゃない。

ラクタロウ4
     図体はデカくても、狭い所がお好きw 
     頭の皮の脱ぎ残しは、何のおまじないですか?

日本のGDPや株価の水準は、20年前とほぼ同じなのに対し、アメリカでは20年前と比べ、GDPは2倍以上に、株価は3倍以上になっているそうだ。
大国主義の濫用っぽいところもあるけど、日本全体にそこはかとなく漂うマイナス思考(つか内向き志向)や、他と競い合うことを良しとしない風潮を変えていかないと、ケータイだけでなく全てがガラパゴス化してしまうんじゃないか・・・と一抹の不安を覚えます。
大体、大学生とかが外国へ行きたがらない、車も要らないなんて、信じられんわ・・・少年よ、大志を抱け!
元少年だけが無謀とも思われる大志を抱いて、海外へ出かけ、新車を買い・・・w

ま、多少ハイテンションではあるが、安倍さんの(歴代首相と比べて)強気外交に期待したいところです。
そして私ももそっと強気になりたいと、切に願うモノです(何に対してだ?)


ここで意味もなく、犬の散歩動画。
「チワワの散歩なんか(しかも老チワワ)運動にならないだろう」という声があったので、13歳過ぎてもこれくらい速く歩きます的意味で。なぜかものっそ画質が悪いのだが・・・なんでだ?



テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

狂うのは春のせいか花粉のなせる業か・・・

この冬・・というか、年明けて春めいてきてから、どーもイキモノの皆さんの中でおかしな具合になってるヒトが何名かおりまして。

まず、ビブロンゲッコーのお父さん(ロン)。
いつも昼間はシェルターの中にいて、コオロギを差し出した時だけかっさらうようにさっさと食べて、また引きこもっていたのに、突然壁チョロ系(しかも昼から出っ放し)と化し、夜もシェルターに入らない&拒食。

例年この時期、しきりにメイティングコールしてるのに、今年はそっちの方も全然やる気ないみたいで・・・精力減退でしょうかw
ビブちん(♀)は、勝手に無精卵を身ごもっている様子。
まぁ食べなくても全然痩せてきた様子はないのですが・・・なんだかおかしなポーズをしてるんですよ。

ロン1
     なんですか、これ?今頃イナバウアーかよww

ロン2
     去年、ビブもこんな格好していたことあったけど・・・

奥さんのビブが、見事に尻尾を自切して珍妙な姿になってしまったことが、彼に何らかの影響を与えたのでしょうか・・・なんだかなぁ。


そして、生まれて初めて拒食したチャラ男・・・原因らしきものを発見。

苔
     ウェットウェルターに入れてあるオーストラリア産高級水苔。

これを食っちまったらしく、水苔とコオロギが抱き合ったようなものを吐き出してありました。
その4,5日後、何か動きが変なので捕まえてみると・・・なんと、この苔の房がそのままケツの穴から半分くらい出かかってるww
よくこんな太くて長いものを・・・引っ張り出してやったら、すっきりした顔してたw

細かい床材の誤飲はよくある話だけど、なんでこんなもの食うかなぁ・・・。
誤飲のレベルじゃなく、こりゃもはや「餌と誤認」としか・・・。
その後、コオロギ食べたので少々ホッとしましたが、誤認が癖になると困るなぁ。

チャラオ 
     もうやめてよね! 「爬虫類はおバカですから♪」

さらに、クレスのトメ。
今日、脱皮中のチャラ男が食べなかったコオロギをダメ元で(このヒト、コオロギ嫌いでレパシーフードしか食べない歴2年)差し出したら

トメ
     え、食べるの!?

どーなってんの???


まだある・・・つーか、こっちは恒例か。

クランウェルのもんちゃん6歳半。
現在便秘記録6ヵ月(去年は7ヵ月)。年に2,3回しかウンコしないんですよ。
ベビー時から拒食&偏食傾向で、今じゃ毎回強制給餌。
脱皮も「お前が剥けよ」的な態度で・・・温浴中に私が剥いてる(結構楽しいw)。
オスなのに、年に「数声」しか鳴きませんし。

もんちゃん
     これが究極の「省エネ生存法」なのかもしれない・・・

長生きできないだろうと思ってたヒトが、いま唯一残っているツノガエル。わからんなぁ・・・。

春先になんかおかしくなるのは、人間だけではないのでしょうか?


調子よくいってるのはこの方。
去年12月に入手した帝玉。咲きましたー♪(紫の方はまだつぼみ出てない)

帝玉1

帝玉2

帝玉3

帝玉4
    
今年は咲かないかと思っていたんだけどね~、うれしい♪
もう一つ蕾が見えてます♪

悩みあれば喜びもあり。

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

春爛漫、鼻水氾濫・・・

今年の杉花粉、予想外に早くから本格飛散がはじまったようで、私の全身も本格悲惨・・・残念ww

発症した当初はくしゃみ・鼻水がメインだったけど、ベテラン!?になった今は、くしゃみより、痒みがひどい!
手足や胴体はもちろん、顔も痒い、逃避も痒い・・・あーーー、もう目玉取り出してムヒ塗りたい!!

くり(犬)も、かなり花粉症気味だったんだけど、今年はなぜかくしゃみをしないし、鼻水もたいしたことない・・・老人力の一環か?

くり1
     雨上がりの翌日、溜まっていたマグマを吐きだすがごとく
     一般道を暴走中・・・こんなしつけはした覚えがない。

くり2
     停止線ではちゃんと止まりなさい!
     私は心不全になりそうでした・・・

先日来の急激な気温上昇で、一気にそこら中の桜(寒桜や河津桜)や梅が開花し、散歩をしていてもいい感じなのですが・・・その散歩コースに、見事な白梅のあるとても見事なゴミ屋敷が。

家はまだ新しい大きな二階家で、隣接する店っぽい建物(閉店してるけど)もその家のモノらしい。
でも、玄関も見えないほどうず高く積まれたバラエティー豊かなゴミの山。
住んでるのは、50代とおぼしき男性一人。
物が詰め込まれて、タイヤがツルツルにすり減った軽自動車もある。

あれ・・・隣近所は迷惑だろうなぁ・・・猫の住処になってるし、臭いはもちろん、放火でもされたら・・・。
住人、頭おかしいようには見えないんだけどな。まぁ働いてはいないみたいだが。

桜1
     散歩コースの河津桜。一日で満開になった。

桜2
     こっちは公園の桜。「桜は食えないから嫌いだ!」
     人は桜を食べることもあるのだよ、うはは♪

そういうゴミ屋敷問題って、どこの自治体でも抱えているみたいだけど、某地方紙のコラムで、ゴミ屋敷を擁護する連載がされている。

まぁね、認知症や精神疾患が背景にある場合は、少々仕方がない・・とは思うけど、そのコラム書いてる人みたいに、ゴミ屋敷住人の人権とか「クオリティー・オブ・ライフ」ばかり叫んで理解を求めるのはムリってもんでしょう。
まわりの人のクオリティー・オブ・ライフや身の安全はどうなるんですか!

こうした問題って、私が子供の頃にはなかったような気がするけど・・・これも物質文明とストレス社会のもたらした弊害なんですかね?

ま、大きな声じゃ言えないけど、我が家も、見る人から見れば「屋内ゴミ屋敷」に近いかも・・・うははww
でも外からは見えないし、世間様に迷惑はかけていない(であろう)から許されるはずだ。
人と犬と爬虫類が同じ部屋に住んでいたら、多少はごった返すのが普通だろう!?・・・え、そんなことはない?・・あ、そうw

くり3
     先日膝関節脱臼しかけたばかりなのに、もうこれだよ・・・
     「溝があれば跳ぶ!それが犬の定め!」違う!

今日も雨だよ・・・でも痒いんだよ・・・薬飲まないと鼻水止まらないんだよ・・・
これって、花粉のせいなのか、「隅々まで掃除を」のサインなのか。

花粉症って、哺乳類(犬猫やサルなど)はけっこうなるけど、野生の爬虫類や鳥は大丈夫なのかしらね?
家で飼っていたカメやインコは、時々鼻水垂らしてたけどな・・・。

チャラ男
     「そりゃ、あんたが真面目に掃除しないからだ」・・ふ、ふんw

久々に、こいつ(ローズこと、チャラ男)を運動させてみた。なんか足の動きがおかしい、勘が鈍ったか?

[広告 ] VPS


テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP