プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

組み換えるのはNGで改良するならOK?

先日、中国の鶏肉加工工場でのずさんな有様が公表されたせいで、またぞろ食品にまつわる諸問題が浮上してきたけど・・・何かあると大騒ぎして買い控えしたりするのに、少し経つとパタッと忘れ、そしてまた何かのきっかけで騒ぎ出す・・・これ負のスパイラルというより、いちいち右往左往する人間のバカのスパイラルって気がする。

喉元過ぎればなんとやら、一時の問題(特に食関連)で過剰反応するのはどこの国でも同じ?
エコエコ言いながら、年々増えるように思う過剰包装。
内容量も減ってるから何度も買わねばならず、ゴミばかり出るし、お菓子の個包装なんか便利だけど、外国人から見たらすごい無駄だろうな。

くり1
     突然ですが、うちのお嬢(婆)様が22日に13歳になりました。
     おい、それじゃホントにババァに見えるぞ!

くり2
     「なに・・?」ババァとかブスとかいうと目つきが険悪になり怒り出すw
     とりあえず、耳くらい立てなさいよ。

最近あまり言わなくなったけど、大豆やコーン使っている食品には「(遺伝子組み換えでない)」って書いてあるものが多い・・・けど、書いてないものの方が多いような。
でも人々は平気で表示も見ずに買ってるぞ!
日本人って、敏感なのか鈍感なのか、単に流されやすいのか忘れっぽいのか、よくわかりませんww

私が不思議に思うのは、大豆やコーンの遺伝子組み換えばかりが問題視される理由。
勉強不足ですいませんが・・・お米や野菜だって、品種改良されて甘くなったり寒さに強くなったり、いろいろ変わってきているけど、品種改良ってのは遺伝子組み換えとは違うんですか?
異種間で交配させたら、遺伝子配列が本来と違う品種ができるってことじゃないんですか?

ウナギの産地偽装や肉の消費期限改ざん(スーパーでバイトしたとき、私もやらされましたw)なんて、振り込め詐欺同様絶対無くなるはずないので、わたしはもう遺伝子がどーの産地がどーの考えるのはアホ臭いのでやめました。
無農薬自然食品しか食べなかった母の友人だって、胃がんで死んだし・・・バカバカしいったらありゃしないww

ジュメ1
     人工栄養のみですくすく育ったジュメさん。笑ってる?

ジュメ2
     「あー、もうちょっと食べたいなぁ・・・」
     フード替えたら突然大食漢になった。すごい豹変ぶりにたまげる。

さらに、こういうのってどうなの?
遺伝子組み換えになるの?

近畿中国四国農業研究センター(広島県福山市)で、飛ばないテントウムシを開発し、作物の汁を吸うアブラムシ駆除の“農薬”として商品化したそうだ。

テントウムシ1

テントウムシ2
     ナミテントウムシって、いろんな紋があるそうです。

普通のテントウムシで試すと、飛んでビニールハウスの天井などに張り付いて「仕事をしない」。
でも飛ばなければ「黙々と(アブラムシを)食べ続ける」と、働きぶりは太鼓判、だそうな。なんか哀れだな・・・フォアグラとか生物兵器みたい。

市内で採取したナミテントウムシの中から、飛距離の短い個体を約30世代にわたり選別、繁殖を繰り返した結果、羽根があっても飛ばないタイプが誕生。
屋内限定の生物農薬として認められ、6月から販売してるらしい。

なんか似たような話・・・なかったっけ?蜂だった?
品種改称した個体がハウスから逃げて野生の在来種と交雑し・・・あの話の続きはどうなったんだろう?
この飛ばないテントウムシだって絶対逃げ出して、そこらで交雑するに決まってるわい。

こういうのは、生態系を乱すことにはならないんですかね?
人間ってつくづくご都合主義の生き物だと思うわ・・・。
ま、私が飼っている爬虫類用の餌昆虫も手を加えられた物があるんだろうけどな・・・すいませんw

くり3
     13歳健康の秘訣・・マイブーム・・は、チチヤスの乳酸菌ソーダw

くり4
     おまけ。秘蔵画像。2001年10月5日生後45日でうちに来たくりの初ショット。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

恐怖の夏休み・・・

水曜の午後、だんなが前触れも無しに「今から帰る!もう今週は(会社に)行かない!」と、夏休み(ホントは会社でブチ切れて、出社拒否)宣言をしました。

だんなの会社は盆休みは特になく、各々好きな時に適宜休むシステムなので、4日以上の連休は年末年始とGWくらい。
その連休は覚悟ができているので、なんとかやり過ごしますが、このクソ暑くてまいっている時に、突発事故のように連休宣言されると、頭も体もパニック状態ww
微熱、出てきましたw

ラクタロウ 
     ラクタロウ、植木鉢ごとぶっ飛ばすので、鉢は撤去し塩ビパイプ入れてみた。
     入ってる~♪

まぁ休みと言ってもどこへ行くでも何をするでもなく、いつもよりちょっと遠めに犬の散歩に行き、帰りにホムセンとかスポーツ用品店をのぞくだけなのですが。
不思議なことに、犬を飼ってから、「遊びたい、どこかへ行きたい」って欲求が激減しました。
ハチュたちのせいで、その傾向がさらに強くなった。

連休とってもどうせ、木、金、土曜あたりは雨だろうと思っていたのに・・・自他ともに認める“晴れ女”のワタクシ、こんなに弱っているのに、なけなしの晴れ力を発揮してしまい、車の中では土砂降りだったのに、現地(公園)に着いたら雨は上がり、木、金共に傘も差さずに40分くらい歩けてしまったw
雨の合間なので、気温はさほど高くなくても、息をすると溺れそうな湿気。これ苦手~(泣)

そして来週13歳になるというくりは、温度センサー(例年20℃超すと走らなくなる)が壊れたようで、33℃の中、爆走ww

くり1
     誰もいないのでノーリード。後ろからダーッと私を追い抜いて行く。

くり2
     顔笑ってるしww

去年見損ねたひまわりも見てきましたよ。
最近はこういう大きなひまわり、あまり見かけなくなったなぁ。

が・・・以下の画像を見ると、あなたはひまわりが嫌いになる・・・ひまわりを見ると憂鬱になる・・・かも。

ひまわり1

ひまわり2

ひまわり3

ひまわり4

ひまわり5

・・・なんでこんな顔になるかね?

ということで、土曜日の今日、私にはもう出歩く力はハナクソほども残っておらず、ミミクソほどのパワーでブログ更新中ww


しかし、夏休みというのに、近所で子供の声がしないんですよね~。けっこういるのに。
かと言って、外出してる風でもないし・・・みんな何してるんだろう?宿題?・・・まさかな。
近所に桜並木もあるから蝉取りし放題だし、草地ではバッタも採れるのに・・・家の前で、水かけあって遊んだりしないんだねー・・←昭和w

とにかく不気味なほど静かです。(今だんながいないせいもある)

私は夏休みの自由研究を終えまして♪

ビブロンベビーが食わずじまいだった5㎜位のレッドローチ100匹近くを3㎝程に育て上げました。

1号1
     1号の腹。内臓が透けて見えます。

初めてのゴキブリ飼育、掃除の仕方も下手なので、キッチンに10匹以上放牧してしまいましたが、無事ゴキブリホイホイ(もどき)で捕獲成功。
2日たっても生きてるので、助けてやろうとピンセットで取ろうとしたら、頭だけもげちゃって・・・で、でも、脚をバタバタやって体くねくねさせて・・・キャ~~~~ッ!!
ホ、ホラーでしたww

そして一昨日、全員冷凍庫に入ってもらいました・・・南無。

でも、この夏のローチ飼育のおかげで、素手でゴキブリを捕まえることもできるようになり、ホラーな頭無しゴキブリでもピンセットを放り出すことなく、無事スズガエルの口まで運びました。
私にとっては一つ壁を超えたような、有意義で一回り成長した夏でした(もう過去形w)。

1号2
     2カ月以上たつのにまだこんな小さいよ!早くでかくなってくれ~!
     切れた尻尾はかなり生えてきました。



テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

怪談よりも怖い現代リアル社会。

夏と言えば怪談・・・ってのは、いつの時代までのことだったんでしょうね?
今は「談」では済まない「事件」多発で、身の毛がよだつどころか身の危険を感じるくらいで、普通の顔して歩いてる人が豹変して襲い掛かってくるんじゃ・・・とか、人気のない道を犬の散歩している時などに思ったりw

トメ
     まだ吠えるかw 隣のトッケイはおとなしいのだが・・・
     トッケイの魂がケージの隙間の隙間からトメに乗り移ったか?

怪談と言えば小泉八雲が有名ですが、彼は我が静岡県の焼津市で晩年を過ごし(今年没後101年)たので、記念館もあったりと、なんとなく親しみもあり、子供の頃から「耳なし芳一」や「ろくろ首」とか何度も読みましたね~。

八雲のろくろ首を読んで、あれは本当は首がびょ~~んと伸びるのではなく、首が体と分離して空を飛び回ることを知り、お化け屋敷のおじさんに「これ、うそじゃん!」と文句言った覚えがww

八雲の怪談の中で、あまりメジャーではないけど、島根県松江市の民話を元にした「子育て幽霊」というのがあるそうな。

小さな飴屋に毎晩白衣の女が水飴を買いに来るのだが、不審に思った飴屋が女をつけていくと、墓場に帰っていく。
翌晩もついていくと、ある石塔で女の姿が消え、地面から赤子の鳴き声が。
掘り起こすと女の亡骸のそばで、赤子が笑っていた。
母親はまだ冷たくなる前に葬られたため、墓の中で子が産まれ、幽霊になっても水飴で育てていたという・・・

ガーゴイル1
     2歳女子どうし、初めての大接近。(左・リンダ、右・しま)

ガーゴイル2
     意外と無関心w 彼女らもニューカレドニア出身です。

実はこれをよく似た話が、静岡県西部にもあり、「小夜の中山の夜泣き石」(詳しくはこちら⇒http://koizumiya.com/html/page3.html )は地元では有名。
子育て飴という水飴も売られている。

民俗学者で八雲のひ孫にあたる人は、八雲が伝えたかった怪談は、人の怨みつらみの上に成り立つのではなく、自然との共生、人知を超えた「ご縁」の力に基づいていると言う。
「死よりも強い母の愛」とか「親子の縁」とか・・・。

それが今じゃ・・・。

昨年度、全国の児童相談所が対応した虐待件数は過去最高の7万件を超え(未対応入れたら数倍はありそうだな)、ニュースでは親殺し・子殺し事件を度々耳にするようになった。
そして最近、世間を騒がせている高1女子の友人殺害と父親半殺し事件・・・こりゃもう、今の日本の精神医学の範疇をこえてますね。カウンセリングなんて呑気なこと言ってるようじゃ・・・広辞苑に「サイコパス」って言葉載ってないしw

昔も貧しさゆえに子を売ることはあったけど、ウザいからとかめんどくさいからって理由で育児放棄はしなかっただろうしねぇ・・。
どーなっちゃってるんですかね、日本の親子関係は?
これって全世界的兆候?先進国だけ?それともかの国から流れてくる有害物質になにか得体のしれない洗脳物質が含まれているとか・・・w

ガーゴイル3
     「ちゅ♪」 なんだ~、仲いいじゃないの♪
     なら同居する?

ガーゴイル4
     「いやね、おいしそうな尻尾だと思って♪」byリンダ&しま
     このヒトたちの別名は「テイルイーター」・・・お互いの尻尾を食べちゃうらしいので
     同居させるわけにはいかないのです。変な習性ww

自然災害もかつてはありえない規模になっていくし・・・これじゃ「怪談」が霞んでしまうのも無理ないかも。
怪談より怖い実社会ww

ネックレス1
     何かと物騒なので、ヤモリのお守り(ペンダントトップ)買った~♪
     オニキスにしっかと抱きついてる。かわええ・・・

ネックレス2
     シルバーのチェーンつけたいところだけど、首と指は金属アレルギー
     なので、革紐にしよう。なんで耳だけはアレルギーでないのか不思議w

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

猛暑は生き物を荒ぶらせ、文明は生き物を怠惰にする?

暑中お見舞い申し上げます。

屋外より家の中の方が異常に暑いってのが、ものっそ腹立ちますっ!!

あまりエアコン部屋と外の温度差があると自律神経を乱しやすく(つか、もう手遅れなほど乱れまくってるんだけど・・)体に良くないと言うので、エアコンは28℃設定で扇風機弱風併用していますが、膝の上に38.5℃の生き物(犬)がのっていると、全身に汗がにじんできます・・・私が無駄に消耗する原因の一つがこれかもw

ハチュの皆さんは暑い国出身の方が多いので、動きは・・まぁ通年あまり変わりませんが、便通がよくなり食欲もますますUPして快調なのですが、やはり温帯のニューカレドニア出身の皆さん、とくに男子たちは暑くてイライラするのか、荒っぽくなってるような・・・。

最近、ジャイゲコのラクタロウ君は発色もよく、食欲旺盛なのはいいんだけども、私に突進してくるので困ります。

ラクタロウ
     昼間でも、鼻息フガフガさせて興奮状態w

傷
     そういう時手を入れるとこうなる・・・他に中指と手首の裏もやられたw
     (ピンセットから落ちた餌を拾おうとしたら、私を餌と思ったらしい)

そして同じくニューカレドニアの男子、クレステッドゲッコーのトメなんですが・・・この種はおとなしくて愛らしいのが売り、のはず。
が、我が家においては

トッケイ
     一般的な(怒った)トッケイヤモリ。

トメ
     うちのトメw

エリマキトカゲ   
     一般的な(怒った)エリマキトカゲ。

トメ   
     うちのトメwww

噛みます。跳びます。カーッと叫びます。
あんた、ほんとにクレスか?


しかし毎日暑い・・・。
大分暑さには慣れてきたけど、自律神経病みの私は、ちょっと頑張ったり寝不足になると、めまいやら吐き気やらでしんどい。
家事はなるべく楽をしたい(まぁ暑くなくても楽をしたいが)。
その代り、飼育は瀕死状態でも頑張りますから!←亭主には何のメリットもないww

ビブロンベビー2号が、先日2度目の逃走を図り、2日後の夜、廊下の壁を登っているところをだんなに捕獲されました。
その後、4日ハンスト中です。まったく・・・ww

誰かが逃走するたびに腹這いになるわけですが、その際にいやでも目に入る床の埃・・・我ながら目を見張る。
これが私の日ごろの家事の成果・・・ははは、もう「見て見ぬふりも勇気だ」という井坂幸太郎氏(の小説の中)の言葉を胸に刻み、勇気をもって暮らしています。

2号
     こいつら、CBのくせにWCの親の方がよほどなつっこいぞ!
     2度あることは3度ある・・・覚悟はしている。1号も機敏になってきた(恐)

何でも楽をしたいと思うのは「人間の性(さが)」だと思ってましたが、それは「野生の性」でもあるのだと知りました。

最近、アフリカのサファリツアーでよく見かけるのは、サファリの真ん中を通る高速道路脇で“スタンバイ”するライオンなどの猛獣たち。
そこで待っていれば、頑張って狩りをしなくても、いろんな動物が車にはねられるので、簡単に食にありつけることを学んでしまったそうで・・・w

ライオン
     「もっと早く走って、どんどんインパラとかはねてよね・・・ったく」
     車を恐れるでもなく・・・これじゃサファリパークと変わらないじゃん。

また、草食動物たちは、サファリ近くの農家が作る野菜の美味さを知ってしまい、雑草食うより栄養たっぷりのお野菜ね♪って始末。

いずれ、雄大な平原で呑気に草をはむシマウマの姿や、手に汗握るライオンの狩りの様子などは見られなくなるのかも・・・。
そんな怠け者の親に育てられた子供は、やはり物心ついた時から道路脇で寝て待ち、畑で飯を食うようになる・・のか?

あー、ヒトもライオンもシマウマも、単なる哺乳類だったのね・・・高等だとか野生だとか関係ねーじゃんww
ま、学習能力があるっていう善意の見方もあるけど、ちょっと違うよな・・・文明だか文化だか分かんないけど、何かが出来上がると何かが壊れるようになってるんだな、世界って。

くり
     完全に「怠惰」という意味と行為を学習している・・・。
     

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP