プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

羊頭狗肉は中国の文化なので諦めよう。

今年は暑い暑いといっても、大阪や名古屋に比べたら屁でもないと思う静岡ですが、35℃なら35℃なりに、30℃なら30℃なりに、ちゃんと夏バテするものでして・・・人間ってのはきわめて適応力に優れたイキモノです。←違うだろ!

くり1
     「あ、あづい・・・父ちゃんがCoolMax(冷感素材の服)忘れやがった!」

くり2
     罰は猛暑の中でのウンコ拾い。本日の散歩10分弱w

今一番、違うだろ!!
と言いたいのは、やはり中国ですかね。

先日来騒ぎとなっている、鶏肉加工工場の問題について、なんとまぁ、中国政府報道官は尊大な態度で、
「これは(親会社の)海外企業側の責任であり、それは重大だ。監督不行き届きだ。中国は迷惑している。
それに良い肉はすべて日本に輸出され、悪い肉だけが中国に供されるというひどい有様で・・・云々」
というようなことをイケしゃあしゃあとしゃべっている。
もう開いた口が塞がらないww

朴クネ韓国大統領みたいに、海外に赴いては他国(日本だが)の悪口を言いふらすのを“告げ口外交”と言うそうだが、中国みたいに自国の不始末を外国に責任転嫁するってのは、何と言う政治手法(!?)だ?
北朝鮮の“はったり外交”とも一味違う、新手の見苦しい策だな。

BB
     暑い時にいちばん涼しげなヒト。
     ブレイジングブリザードのB.B.。でも冬の方が活発なのは暑すぎるせいか?

今回の鶏肉事件のようなことをいう四字熟語なら思いつくわ。
“羊頭狗肉”

羊の頭を看板に掲げつつ、実際は狗(=犬)の肉を売る・・・つまり表向きは良い品に見せかけて実際は粗悪品を売る、見かけと中身が一致しないというたとえ。
(あ、あれ・・私もそうだった?見かけ頑健そうで(昔)、実は粗悪品だったという・・・ww)

中国数千年の歴史の中で、すでにこういう熟語があったということは、大昔から同じようなことをする輩が沢山いたってことでしょうな。
てことは・・・今後も数千年、変わる見込みはないと言っても過言ではない・・・。

従業員は「食べても死ぬこたぁないよ」とこともなげに言ったそうだが・・・確かに、チキンナゲット食べて食中毒になったって話は聞かないし・・・人間、意外と丈夫にできてるのだ。

くり3
     12年と11ヶ月、一度も腹を壊したことがない消化器の鉄人くり。

日本では、近年やたらと食品の賞味期限や消費期限にうるさいが、ちょっと行き過ぎ感があるような。
コンビニでサンドイッチを買おうとしたら、消費期限が「1分」過ぎてるから売れないと言われたことが2回ある。
「自己責任で買うから!」と言っても、頑として受け入れられなかった
たった1分でゴミ箱行きって・・・杓子定規にもほどがある。

最近は残飯からエネルギーを生産するバイオマス工場も増えてきたけど、まだ食べても大丈夫なものまで残飯扱いするってのはいかがなものかと・・・いくら燃料に変換されるといってもちょっとちがくね?
中国のやり方は絶対NGだけど、日本の現状もあまり褒められたものではないような気がします。

オジョー
     裏も表も良い品です。T・K・ジョー改め、T・K・おジョーはGoodGirl♪

そして我が家では、「褒められるヒト」と「褒められないヒト」に分かれました。ビブロンゲッコーベビーのお二方。

1号
     チビだけど、数秒で食事が終わり、脱走もしなくなった褒められる1号。

2号
     デカくなったら給餌に30分くらいかかるようになり、すぐに脱走を図る
     (が、戻っては来る)褒められない2号。第1次反抗期ですか?

かくいう私とて、不正行為や反抗期とは関係なくても、「使い物にならない主婦」と化しており、とても褒められたものではないので・・・は、は、ははは・・・ww



スポンサーサイト

テーマ : 食に関するニュース - ジャンル : ニュース

逆流するのは得意ですが、流れに乗るのは苦手ですw

さっぱり梅雨明けしないので(中部地方)、暑中お見舞いも申し上げられませんで・・・つか、私にお見舞い申し上げてくれ~~!

ま、見舞われたところで治るわけでもないのだがw
喉と鼻の風邪って、この時期に引くと花粉症も併発してるので、いつ治ったのか、良くなってるのかもさっぱりわかりませんw
とりあえず唾液が呑み込めるようになり、熱が下がったから風邪は収束してきたと思うのだが・・・。

胃薬はすぐ飲むくせに、風邪薬は瀕死にならない限り飲まない私(飲むと他が悪くなったり)、ここ2,3年同じような症状で苦しみ、耳鼻科でもらった薬飲んだら発疹と胃痛でかえって具合悪くなった時、こんな漢方薬を教えてもらった(ネットで胃薬を買う九州の漢方薬局の人から)。

薬
    辛夷清肺湯。

これ、かなり効きます。
副作用もない。(この私が!)

副鼻腔炎や慢性鼻炎の薬なんだけど、「清肺」とあるように、痰を切ったり咳を抑えたりと、肺もきれいにしてくれる。
鼻の奥や肺に滞る熱(炎症)を冷やして治す薬らしいです。

熱と言えば・・・。
日本人って、つくづく熱しやすく冷めやすい民族だと思います。
世界遺産になったと言って、去年は富士山、今年は富岡製糸場・・・今後、南アルプスとかも候補に挙がってるとか・・・決定した翌日には(つか、前の日から待機w)大挙して観光客が押し寄せる。
別に期間限定じゃないんだし、何をそんなに急いでって思うんだけどねぇ。

今年は富士山熱はもう冷め気味みたいで、もっぱら富岡へ(あと、USJのハリポタか?)GO!
ご苦労様ですww

ジュメ1
     ジュメさん、暑さにやられたのか行動が変ww
     新聞紙かけて、仰向けに寝る・・・ヤモリ的にどうなの、それって?

ジュメ2
     でも布団(新聞紙)から出てる手がかわいい♪

そして、つい先日は「お、久しぶりに出たな♪」的オスプレイ騒ぎ。
ここ静岡の演習場にも立ち寄り、300人の反対屋の人々と、椅子持参でカメラ構え“世紀のアトラクション”を楽しむ人々が混在w
まぁテレビで観た限りでは、ケータイ構えて空を見上げる人々の方が圧倒的に多かった。
これは期間限定なので、実は私も見たかった。残念・・・。

ジュメ3
     翌朝は、新聞紙真ん中からブチ破いて顔出してるw

さらに今度は、また恒例の、日本全体(の何割だ?)がアレを求めて、街中やスーパーに繰り出す日が。

土用の丑の日=ウナギの日。

ついに絶滅危惧種としてレッドリストに入っちゃったニホンウナギ・・・保護しなきゃ!自粛しなきゃ!とは思わないんだね、日本人は。
今は中国産じゃなくても、外国産のウナギいくらでもあるのに、大枚はたいてでも日本のウナギを食べなきゃ夏が越せないと思ってるのか・・・夏の風物詩であるのは分かるけど、ちょっと臨機応変にできないものかしらね。
また自然保護大好きな外国にブーブーいわれるぞ。

卵
     新聞紙めくったら・・・あらま、卵ww 今年2度目。

そもそも「土用にウナギを食え!」などとつまんないことを書いて店頭に貼りだし、「土用の丑=ウナギ」を定着させちゃった張本人は、江戸時代の蘭学者(他にも色々やる人)でエレキテルで有名な平賀源内だとか。
右へならえ!の精神は、江戸時代にも定着してたってことね・・・つか、農耕民族だから?

ま、世の流れに逆らって・・つか、流れに乗ることさえせず、富士山も富岡も、オスプレイは残念だったが、ウナギもどーでもいい私(亭主は今金谷に来てる機関車トーマスをどうしても見るとうるさい)は、ビブロンベビーのお世話に忙しいのです。

2号
     これは大きめの2号。虫っぽさが消えヤモリ感が出てきました。尻尾も再生♪

そんなこんなで、来週あたりから本格的な夏が来そうで戦々恐々・・・

くり
     座って伸びをしたまま寝る犬ww


テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

私以外は元気ですw

風邪ひきましたよっ!!

まぁここ数年、夏風邪は恒例行事化してしまったんですが・・・それもこれも花粉症がひどくなったせい。
春の杉に始まり、ヒノキ、イネ科、ブタクサ等々、もう鼻や喉の粘膜ヨレヨレで、ハウスダストにも排気ガスにもなんにでも反応しちゃって・・・そうこうしてるうちに、あれ?喉痛い・・・熱出てきた・・・リンパ腺腫れてる?・・・副鼻腔炎か咽頭炎に落ち着くわけで。
大変遺憾に思いますww

一方、大変ありがたいのは、我が家の4本足たち。
みなさん健やかにお過ごしです♪

ここのところ暑くなったり雨降ったりで、思うように散歩に行けなかったくり、私の風邪は封印し、土曜日に蓮華寺池公園に散歩に連れて行ったら、36℃もあるのに、ハトを蹴散らしアホみたいにダッシュww

くり
     帰宅後、疲れたことに気付いたらしい・・・飯時にはちゃんと起きてくる。

来月13歳・・・今までは20℃以上だと走らなくなったのに、老化で温度センサーがいかれてしまったのか?
年寄りの冷や水ってやつ?
ま、楽しんでいただけてなによりですが。

そして帰ってきたビブロンベビー1号、2号は、ともに冷凍コオロギに餌付き、ひとまず安心。
どす黒かった1号も本来の薄茶色に戻り、妙な威嚇音も発しなくなりました。

2号
     これは大きい方の2号。生後ちょうど1ヵ月で5㎝に。

3月に仲間入りしたトッケイヤモリのT・K・ジョーは、どうも女子のようで・・・T・K・オジョー(お嬢)に改名することになりそうです。

オジョー
     来た頃はねずみ色だったけど、こんなきれいになりまして♪

ニューカレドニアジャイアントゲッコー(グランテラ)のジュメさんは、デカいことはデカいのですが、実は食が細く・・つーか、食べることに集中せず、常に遊びながら食べるので、給餌に20分以上かかっていました。

ジュメ1
     扇風機に登ってみたりw

ジュメ2
     何気に得意そうだったりw

なんとかならんものかと、世界に羽ばたくジャイゲコの大家・ダントさんのショップ“R&Dセレクト”おすすめの新しいラコダクフードを買ってみました。

パンジアフード
     パンジアフード。これはバナナ・アプリコット。
     他にバナナ・パパイヤ、ウォーターメロン・マンゴーなんてのも。

今まで使ってたのは、

レパシーフード
     日本では一番メジャーなレパシーフード。
     匂いはこっちの方がフルーティだと思うんだけどなぁ。

レパシーだと所要時間20分のジュメさん、パンジアフードに替えたら所要時間はなんと20秒、早い時は10秒にすさまじく短縮!
ヤモリと言えども、味とか匂いとか、好みがあるんでしょうかねぇ・・・マジびっくりですww
ちなみにラクタロウの方はレパシーでもコオロギでも10秒ですw

ジュメ3
     「違いの分かる女のパンジアフード、なのよ♪」
     たしかにパンジアの方がウンコもいい感じに固いのが出ますね。不思議w

てなわけで、私以外は元気です。

しかし・・・「夏風邪は馬鹿が引く」っていうのは本当か?・・・若干本当だと思う。遺憾であるww





テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

ビブロンベビー、2匹とも奇跡の生還♪万歳!!

先月29日(日)の夜、めでたく2日ぶりに生還したビブロンゲッコーのベビー2号ですが・・・尻尾は半分に切れちゃってるし、ガリガリに痩せて体色は黒ずみ、たった2日でこんなになっちゃうのだろうか・・・。

まぁ6月12日に生まれてやっと餌付いたところだったので、ひとり旅は相当ストレスだったんだろうなぁ。
ぺろぺろ舐めてたレオパフードにもかたくなに口を閉ざし、警戒なのか威嚇なのか、チッチッと妙な音を発して首をカクカク動かす。

リトープス
     全然関係ありませんが、夏咲きのリトープス・曲玉系、咲きました~♪

こりゃヤバいかもなぁ・・と少々諦めかけていたところ、帰還後4日ほどしたらちょこっと舐めるようになり、一昨日は初めてコオロギの身をパクリ♪
あ~やれやれww
でもシェルターやプラケの壁に張り付くことはなく、相変わらず下に下りたままで、色もまだ黒っぽい。

もうこの子の生命力に任せるしかないと腹を据え、気長にやる決意をしました。

・・・と、木曜の夜、読書の合間に伸びをした際、何気なく視線の先にあるビブロンケースを見下ろしたところ・・・?
何かいる? ゴキブリか?

ケースの間 
     親ケースと子ケースの間。何やらいる・・・。

!!!

よく見たら、親ケースの外面に前足をかけて中をのぞくようにしているチビがぁ~!!!!!

すわww ついに1号発見!!

と、浮足立つや否や逃げられた・・・がっくり。

が、教訓として、こういう時は鋭意捜索よりも「果報は寝て待て」である。そのうち出てくる。うん。

で、翌日(金曜)の朝、親ケースの周りを掃除していたら、2㎜くらいのフン&尿酸と思しきものを発見!
・・・来る。きっと来る。きっと来る。まだここに戻ってくる。

ひたすら寝て待つ決意を固めた時、親ケースの裏側に、床材に使っているバークチップが1個落ちている。
なんでこんなところに・・と思い拾おうとしたら、バークチップが動いたw

ケースの下
     ケースの下には5㎜ほどの高さの台座があり、その下に・・・

バークチップ(もどき)が消えた!
素早くケースの下回りを腕でブロック。捕獲!!

とりあえず、2号のケースに放り込む。

ベビー
     ああ・・・2匹とも生還・・・感涙で体が震えたw

・・・あ、あれ??

今捉えたのは1号(6月6日生まれで、小さく生まれたのに餌付いておらず、逃走後1週間以上たっている)のはずなのに、2号(であるはずのケース内のベビー)よりかなりでかいじゃないか。

1号
     先に保護した2号、と信じていた個体。色黒でがりがり(私かよw)→真1号

2号
     今回保護した1号だと思った個体。尾は切れてるけど、しっかりした体つき。→真2号

どうみても、今回捕獲したのが餌を咥えて逃走した2号ですな。
どうりで先に捕まえたベビーがチビでガリガリなわけだ・・・ろくに食わずに長期間逃走していたんだから。

デカい2号(と言っても全長4㎝もない)翌日ちゃんとコオロギのぶつ切りを食べ、ガリガリ1号もなんとかコオロギの身(皮なし)を食べるようになり、ひとまず安心♪

そんなこんなで、大変お騒がせいたしましたが、ベビー2匹、奇跡の生還を果たしました。
最初に帰還した日が「友引」だったせいでしょうかw

サッカーではアフリカ勢はみんな敗退しちゃったけど、うちのアフリカ勢はこれからが勝負の時なので、頑張って逃がさないよう、育児に励む所存でございます。
ご心配、ありがとうございました。(また逃げたら心配してくださいww)

ビブロン親
     「ちょっと、頼むわよ!」 不思議なものです・・・2匹とも帰ってきたら、
     ずっと昼間も外にいた親たちがシェルターに入るようになりました。ほんと不思議・・

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

前記事の追記

ビブロンベビー2号、日曜の夜10時、無事・・・いや、尻尾を半分自切して帰還いたしました

果報は寝て待てww
でもまだ恐怖体験のPTSDなのか、餌を食べてくれないのが心配・・・。

とりあえずご報告まで。

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

| ホーム |


 BLOG TOP