プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

究極の悟り・・・それは「諦観」w

クリスマスは例年のごとく、単なる「12月25日」(もちろんイブは単なる24日)として過ぎ去りました。
日本国民としては、むしろ23日の平成天皇の傘寿を喜ばしく祝いたいと思いました。

あの御年で、しかも持病もおありなのに、常に笑みをたたえ慎ましやかに、売れっ子芸能人並みのハードスケジュールをこなされているわけで・・・もう頭が下がるとしか言いようがありません。

もんちゃん
     もんちゃん、食い納め。むりやり(私が)押し込んだ感が・・・。
     とうとう9月2日以来、ウンコを抱いて年越しになりそうですw

クリスマスの夕食は独り(だんなはフィットネスの後、吉野屋かCoCo一番にでも行ったはず・・)賞味期限ぎりぎりの納豆とポテトサラダをかき込み、夜はホラー小説を読んで楽しく過ごしました。

・・・これじゃああんまり自分がかわいそう・・・
なので、少し前に某ブログで見て気になっていた本をブックオフ・オンラインで見つけ、思わず買いました。

本1
     アンチ・クリスマス派(?)の人間にふさわしい♪

本2
     本自体は新品同然だけど、ラインが・・・まぁ重要なところが
     わかってありがたいとも言える。

ま~、クリスマスなんてどうでもいいわけよ、実際。
それより毎年頭が痛い大掃除。

毎日こまめにやってる人はうんざりすることもないのでしょうが、毎日「掃除しなくちゃ、片づけなくちゃ」と“思っているだけ”の人間には、拷問にも等しい仕事(そして結局未完に終わるw)

清掃機器メーカーが実施したアンケートによると、大掃除をしようと思っている人は男女ともに6割程度らしい。
もう年中行事じゃないのよね。
めんどくさくなったらダ○キンさんに頼むっていう手もあるわけだしw

某地方紙の読者欄に載っていた句。
「ここに来て四十年の塵の山 断捨離できぬを未練というか」

ズッキ~~~~~ンwwwww

しま1
     寒くなったらしまさんの縞模様がすごく鮮やかになりました。
     特に朝、きれいに発色してる。寒いのお好き?

リンダ
     一方のリンダ、別人のごとく真っ白ww
     湿度も温度も餌も同じなのにねぇ。

掃いたり拭いたりの掃除は、流れがつかめれば(そして気合が入れば)体でこなせるけど、片付けはモノの要・不要を判断する「思考」がメインの家事。
片付け術「断捨離」を提唱してきたやましたひでこさんによれば、片付けはまずモノを絞り込み、量を減らすことから、だそうで。
・・・そんなことはわかっちゃいるんだけど・・・。

「いつか必要になる」の「いつか」は来ない。(とやましたさんは言う)
・・・でもさぁ、リサイクラーの私にとっては、往々にして、その「いつか」が来ちゃうので、どうしても捨てられない。

リンダ2
     あぁ、なんて可愛い・・・バタリw

今、物置と化した和室に積み上げてある空きプラケや水槽の数々・・・これらも「いつかその時」のために・・・あーーーーーー

「断捨離」ができるようになることと、「大悟」(仏教でいう、いわゆる悟り)を体得するのこと、私には等しく至難・・・つか、絶対無理!

「片付ける、掃除する」という概念を「断捨離」することの方が簡単そうだ。
そして得られる究極の境地・・・=「諦観」という悟りww

くり&ジュメ
     仲良き(?)ことはうつくしき哉。
     片付けも掃除もしなくていい犬やヤモリが羨ましい・・・
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

いい○○の3原則。

この連休、街中はクリスマスムードにあふれ、プレゼントを買い求める人々でさぞにぎわっていることでしょう。

ワタクシ、もう10年以上イルミネーションってやつを見た記憶がないのですが、光は爬虫類用紫外線ライトと保温球の赤い灯りだけで十分満足なので、何の問題もございません♪

くり1
     「負け惜しみってやつ?ふぁ~~~・・・」いーえ、決して!!

ところで、「いい女の3原則」ってご存知でしょうか?
誰が言ったか忘れたけど、
「追わない、泣かない、わめかない」

かなり男性目線な気がしなくもないですが、私、もしかしたら、かなり“いい女”かもしれません。
かつてある男性に、「キミは不倫するには最高の女だ」と称賛されましたw
そう、それはまさに、「追わない、泣かない、わめかない」からで・・・。

それって、世間一般には“かわいくない女”の典型のような・・・まぁ、もう彼氏や婿を探す必要もないので、なんの典型でも結構ざんすw
そしてその3原則は「私の美学」ということにしておけば、かっこいい♪

では「いい犬の3原則」とは何でしょう?
それは
「よく食う、よく出す、よく走る」(ただし、我が家において)

土曜日、久しぶりに吉田公園へ。
クリスマス前の3連休だし、寒いし、風は強いし、

公園1
     だ~~れもいやしねぇww

カンペキな貸切です。人っ子一人、犬コロ一匹いやしねぇ!
低温、強風、無人。これは、くりが走るための3原則。

公園2
     何分12歳ですので・・・

公園3
     今年もまさか、こんなに走るとは・・・

公園4
     想定外でした。カットバックは脚に悪いので止めてください!

息も切らさず、嬉々として走る12歳チワワ、まさに「暴走老人」ww
飼い主は追いつけず、そして散歩にもなりません。足がつる、息が上がる・・・何で犬って、寒い中アップ無しで走っても、脚がつったりしないんでしょうね?

公園5
     「巨大サトイモとワタシ」 こんなサトイモ旨いのか?

そんな“いい犬”のために、お正月用に服を新調。

家の中では通年裸族で、服を着るのは車中での抜け毛予防と冬場の散歩時だけなので、手持ちの服が全然劣化せず、もう何年も買っていませんでしたが、毎年正月に同じ服で同じことをしている様をブログにアップするのもちょっとアレなんで、ね。

悩みましたよ~、どれにしようかと。
で、満を持して選んだのは

スカジャン     
     どうだ!?

悩んだのはスカジャンにするかどうかじゃなくて、「富士山&鷹」柄は持ってるので、虎にするか、龍にするか、金魚にするか、鯉にするか。
人間用のもあれば、スパッとおソロで買ったのにww

公園6
     富士山がキレイでした。

公園7
     でも私はこっちの景色の方が好き。

テーマ : I ❤ ちわわ - ジャンル : ペット

葬儀→占い→…雑記ですw

年末になると、なぜか葬式が増えるような気がするのですが・・・急に寒くなって脳卒中とか突然死が増えるからですかね?

先日、南アのマンデラ氏がお亡くなりに。
彼を悼む人々(一般大衆)の行列や集会は、日本の葬儀とは似ても似つかない、極彩色にあふれ、音楽や踊りも賑わしく、ちょっと見「お祭り」。

あー、そういえば、死者や神様も「祀る」けど、発音は同じ「まつる」だし、「祀り」も「祭り」もやはり起源は同じなんでしょうか。

ジュメ1
     「朝の陽ざしが・・・」

マンデラ氏を悼む人々を見ていると、太古のアニミズム的なものの名残を感じました。
原始時代は、どの地方のどの種族も火を焚いて魔除けをしながら、死者のために歌ったり踊ったりしたんじゃないのかなぁ。

それがなぜ、今みたいに日本の葬式は白黒の陰気くさいというか・・・歌も踊りもなし、の儀式になっちゃったのかしらね?
韓国では、金もらって「泣きに行く」泣き女ってのがいるそうだし・・・そういう商売があるのを聞いて、彼らが公の場で涙ながらに(落涙してないけど)大声で大泣きするのはパフォーマンスなんだと認識するようになりましたよ。

ジュメ2
     「はぁ・・・気持ちいい・・・」

アニミズムと言って思いつくのは「シャーマン」。
悪魔祓い(日本なら厄除け?)や占いは、今なお世界中で健在。

まぁ私は全然信じないクチなんですが。
アレにハマっちゃっう人の心情って、どうしてもわかりません。
就職や結婚まで占い師の判断で決めるって(そんな芸能人の事件があったよねぇ)・・・マインドコントロールをするって意味では、怪しい新興宗教も占いも同じって気もするけど・・・。

占いの背後には「分類」があると読んだことが。
分類=仲間外れ探し、優劣づけ。
もっともメジャーな血液型占いだと、白人はA型、アジア人はB型が多く、動物はすべてB型でチンパンジーだけがA型だったことから、「A型=ヨーロッパ人=高等」「B型=アジア人=下等」という分類法もマジであったとか。

すいませんね、下等なB型でww

ジュメ3
     「今日は1日このままここで・・・」

宿命というのも、あるのかどうだか実に疑わしいと思います。
すっごい悲劇とか超ラッキーに遭遇した時、人は「宿命だ」と言いたがる。
ごちゃごちゃ因果関係を考えるより、そう思う方が楽だしね。

悪い宿命は避けたり好転させられるという都合のいい発想の下、ラッキーアイテムがバカ売れw
ま、「信じていない」私も、いっぱい持ってるけど(笑)

仏教でも密教なんかでは占いもやるけど・・・ある有名な禅僧が、「占いや厄除けなんてお遊びです。楽しんでいただければいいかと」と、すっぱり言い切ってました。
そんなもんだと思います。
「信じる者は救われる」=「(お守りやお札買って)これで大丈夫!」と思って、気持ちがリラックスすることが大事。

でも密教の坊さんが、不動明王の真言を唱えながら、轟々と火を焚いてやる護摩焚き(?)は見てみたいなぁ。
あー、ブードゥー教の憑き物払い?の儀式の方がスゴそうだ(ニワトリだかヤギの首を落として、血を浴びながら・・w)。見てみたい・・。

ジュメ4
     「まったりしていたい・・・」
     そうさせてあげたいけど、私これから出かけるんで・・・悪いわねw
     いつも日が差すと隠れちゃうのに・・・太陽の恵みに目覚めたようです。

す、すいません・・・何言ってんだか意味不明です(毎度のことながら)ww

そうそう、意味不明ついでに、こんな測定はどうでしょう?

うまづら測定

来年の干支は午(うま)。
馬に最も近い縦長の「うまヅラ」に分類されると、認定証とニンジンがもらえるそうです。
分類は長い順にうまヅラ、普通、丸顔・・・あまりにもひねりがないww
でもうまヅラに認定されたら、来年の幸運が約束されたような「気分」になるかも。(我が亭主は認定必至・・プリクラで同じ立ち位置で撮ると、顎と頭頂が切れますw)
我と思わん方は、千葉県のマザー牧場へどうぞww

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

華やかさの裏にはヤバさがありますw

テレビで○○歌謡祭みたいな歌番組をやるようになると、「あー、今年も押し迫ったなぁ・・」感が強まります。
そして、例年11月に作る「大掃除リスト」を眺めつつため息をつき、やがてそれは「年末うつ」へと発展し・・・非常に陰鬱な日々を過ごすわけです。

が、なぜか、果たせなかった掃除の件は、年が明けるときれいさっぱり忘却の彼方へ。
こんなんで気持ちがすっきりするなら、「日」という単位はやめて、毎日を「年」で数えるようにすれば、毎朝爽快な気分で起きられるようになるのでしょうかw

あ、話が脱線しましたw

その歌謡祭・・・非常に不信感を抱きたくなるのが「有線大賞」。

ポスター
     目下、私の笑いのツボはこれ。
     この党にしては、センス良く安上がりに面白くできてるw
     「許しません!」だけならインコでも言えるぞ。

なぜかって?

秘密保護法が執行される前に暴露しちゃおうかな・・・。
こういうのも処罰の対象になるのかな・・・でももう時効だよな・・・。

学生時代、某大手ミュージックプロモーションで4年間バイトしていた時のこと。
所長命令が下った。
「○▽◆☆□の**と##(いずれも曲名)を、これだけ(官製ハガキの束を渡される)書いて投函してこい」

それは、有線放送のリクエストハガキ。
当時はハガキでリクエストしていたみたいだけど、今はネットで? あの仕組み、わからんわ。

さらに、その2曲のシングル盤を買いあさりに、市内と隣市内(今は合併して同じ市)のレコード店をはしご・・・w
きっと他県支店のバイトたちも、同じことをしていただろうことは想像に難くない。
バイトとはいえ、「こ、これは口外してはならない事実・・」と肝に銘じた覚えが。

その歌手はみごとに有線大賞(たしかレコード大賞も)を取った(はず)。

ツイ1
     故アラ愛用のカプセルホテルをツイがお気に召したもよう。

ツイ2
    上手に収まるものです。前足はどうなってんだろう?

なんだかな~~~~ww
ヒット曲ってこうして生まれるのか?と、大いなる疑念と不信感を抱いたあの時・・・。

ついでに、バイトとはいえ社員と同じ仕事をしていたので、アーティストの楽屋での素の姿も見れるし、リハーサル時の地声とか聴いちゃったり・・・そのおかげで、大いに幻滅したこともしばしば。
ああいう夢を売る商売の裏を見るのは、良し悪しですな。
以来、(日本人の)コンサートに金払って行くことはなくなりましたw

あ、行ってもいいな♪と思うのは、聖飢魔Ⅱとハウンドドックくらいか。
ド派手な舞台装置で有名な大物女性アーティストは、歌下手だし、愛想悪いし、人使い荒いのでちょっと・・w

ツイ3
     「ご飯まだ?」 レオパ組全員便秘傾向なのに食欲旺盛で・・
     尻尾は直径どれくらいまで太らせてもいいのだろか?と考える。

今は有線流してる所って、かなり減ったんじゃないかなぁ?
以前、美容院で外国ロックのカバー(外国人による)専門のチャンネルを流していたけど、あれはなかなか良かった。

しかし、芸能界って胡散臭いことこの上ないと思う。
だって、興行主って、どこもみんな○ク○っぽいつーか・・・今は違うのか?
バイト先の社長も、大物アーティストが来るときだけ会場にあいさつに来たけど、白いスーツの上下に黒いワイシャツ、赤いマフラー、白いハット、サングラス・・・後ろには10人近い黒服を従え・・・だ、だれかと思いましたよっ!

そういう類の会社に就職しないか?と親戚から声がかかったけど、丁重にお断りしました。
ビデオ関連の系列会社に就職した従兄は、一時は休日もないほど忙しかったのに、PCなどの媒体や機材の進化もあって勤め先が倒産(関連企業だから閉鎖?)し、数年で失職・・・あやうい業界ですw

ローズ
     こっちのカプセルホテルは、かなりメタボでもOK。
     冬でも一番うろうろしてるヒト。なのに一番便秘症。

秘密保護法って言えば、関西中心に活動しているらしい「全日本おばちゃん党」が作成した動画が話題だそうで。
これ→http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=kxPHW8TcEDE

皮肉ってるのはわかるけど、それだけって感じだが。



テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

ニワトリ系の私は、美手がお好き♪

恥ずかしながら、ワタクシ、レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)はヤモリなのに吸盤がなく爪があることくらいは知ってましたが(いや、飼うまでは知らなかったw)、ツギオ(ニューカレドニアジャイアントゲッコー)を飼って初めて、ヤモリには吸盤もあるけど爪もあることを知りました。

手袋
     偶然、脱皮の皮の食べ残し発見。爪の穴が。

クレスやガーゴイルは小さいせいもあってか、“爪感”を感じないけど、ジャイゲコともなるとさすがに痛感する。
特にいじられるのが好きなジュメさんは、その爪の威力をいかんなく発揮してくださいまして・・・。

止まり木と私の腕が同じくらいの太さなのがよくないのか、腕にしがみつくと(はり付くというよりしがみつく感強し)引き離すのにひと苦労。
引き離した後は素手でバラの剪定でもしたかのような、ひっかき傷だらけ(泣)
まぁ噛まれることを思えば、屁でもないんですが・・・。

ジャイゲコの手も楓みたいで面白いけど、自分の手も人間としては結構面白く・・・まるで鳥(水かきはない)の様・・・いや、これは面白いのではなく、「面白がられていた」のであり、自分的にはすさまじいコンプレックスw

女性物の手袋の指先は1㎝(小指は2㎝)ほど余るほど小さく、でもなぜか親指はピッタリで、さらに肉が薄く関節が太いので、自分で言うのもなんだけど、まじニワトリ系ww
でも妹の手はモデルになれそうなほどの美手。
妹のは父譲りで、私のは祖母譲り(農家でななく、女学校も出てるお嬢様w)。世の中不公平・・・。
ついでに言うと、妹は細いけどグラマーで、私は細いため少年体型。顔も全く似てない。

ジュメ1
     モップの上でくつろぐジュメさん。

ジュメ2
     このカエルのモップがいたくお気に入り。ふわふわ好きらしい。

なので、手のきれいな女性には、嫉妬心メラメラです(笑)
そして、手のきれいな男性に好感を持ちます。
タイプは違うけど、同じく手コンプレックスを持つ母も、父の手(特に爪)がキレイだったのでよろめいて一緒になったらしい。

先日読んだ、スウェーデンの女流作家カミラ・レックベリの『氷姫』にこんな一節が。

----男に会うと、まず手と手首を見るのが彼女の癖だ。手というものは信じられないほどセクシーだと思う。小さいのは駄目。便器の蓋みたいに大きい必要はない。ほどほどに大きくて、筋っぽく、毛が生えていなくて力強く柔らかい手。------

ジュメ3
     足の先まで歩いて行って、そこでまったりするのも好き。

ラクタロウ
     ラクタロウ君はコルク板の裏命ww 大きくなりました。27㎝♪

そーなのよっ!こーゆー手!
ついでに、爪の伸びすぎとか、爪の間が汚いのもNG。
・・・でも、こういう手って、いわゆる「御苦労知らず」の手かもw

お百姓さんや職人さんさんみたいな、節くれだって日焼けした手が嫌いってわけじゃなく・・・そういうのは「自前」のがあるんでww
ま、自分にないものに魅かれるってことです。
女性の皆さんはどうなんでしょうね?最初にどこ見るんだろ?


追記。

アルギロテルマ・金鈴、咲きました~♪

金鈴1     
     これ、小さいんですよ。茎の直径1㎝くらい。

金鈴2
     リトープスより魔玉に似た蕾です。

金鈴3
     かなり強い光でないと開花しません。咲くのは午後で早じまいw

金鈴4
     なんだか冗談っぽい植物ですww

リトープスの花と比べると、中心(おしべの辺り)が大きいせいか、イソギンチャクっぽいw

リトープス
     リトープスの花はおしべがまとまってる。

それに「金鈴」なんだから、黄色系の花が咲くものだとばかり思っていたのに、なんとピンクよ!どういう命名?



テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

右翼じゃないけど、重心が右寄りに・・w

犬でもそうだけど、体の大きさが全然違っても、やること(しぐさ)は同じだなぁと。

ジュメ1
     大きな背中。

しま1
     小さな背中・・・だけど、こっちの方が俄然デカく見えるw

大きな背中とちっちゃな背中。かわええ♪

・・・ただ、同じイキモノなのに、人間の場合、同じこと(指しゃぶるとか、アッカンベーするとか)しても、大人と子供ではまるっきり“かわいさ加減”が違うのはなんでだろう?


学校や職場どこでもそうだけど、同じことしても、嫌われたり怒られたりする人と、「しようがないなぁ、全く(笑)」で済んじゃう人がいますよね。
こういうのって、どんな資質で決まるのかなぁ。

私、「嫌いなタイプ」ってのはいるけど、学校でも職場でも「嫌いな人」ってあまりいなかったんですよ。
嫌な奴でも、そいつのやることなすこと“余興”として見てると、結構楽しめる。
お笑い番組より笑えたりw

ジュメ2
     あなたまでそんな所に入らないでくださいよ~、ジュメさん!
     「何でもやりたいお・と・し・ご・ろ♪」

でも、会ったこともしゃべったこともないけど、こいつは嫌いだ!という奴がいる。

韓国大統領 朴槿恵(パク クネ)

この女のツラ見てると、ムカつく!怒りさえたぎってくる!
ついでに言うと、中国の政府報道官にも何人か同じような類が。

金正日や正恩は容姿のせいか、なんだか嫌うだけアホ臭いんだが(相手にするだけバカバカしい)、あの女大統領にはほんとに腹立つわ!われ、何様じゃいっ!

先日、朴氏は日・中・韓3ヵ国で「北東アジア共同の歴史教科書」を作ることを提案したが、2度の日韓共同研究で、日本に「韓国の歴史観を共有すること」を求めて失敗。
アホかw 当たり前じゃ。

政治評論家の屋山太郎氏も言っているが、「歴史には各国独自の史観があり、共通の教科書などできるわけがない」
そのとーり!だと思う。
朴(バカと読みたくなる)氏は、「日本はEUが統合に至った歴史を学んでもらいたい」ですとww
バカも休み休み言ってもらいたい

ジュメ3
     「ほっといてよ・・・」

ジュメ4
     レオパのツイが使っていたシェルターに、上手に収まるようになりましたw
     最初は小さすぎて、頭だけ突っ込んでた。

中・韓は“中華思想”の持ち主で、“華夷(かい)秩序”を絶対視する。
それは、「自らが最も偉く、そこから離れた者ほど卑しい存在と見る」史観。

一方、日本は武士道の国。
武士道では「相手の嫌がることは言わない」し、恥を知る。

政府や国民に武士道精神がちゃ~~んと浸透しているかどうかは微妙だが、根底にはやはり「恥」の概念(守れるかどうかは別として)があると思う。
だから、竹島や尖閣のことも遠慮がちな主張しかしてこなかった(と思いたい)。

が、朴氏は海外に出向いては日本の悪口を言いまわっている。
こうした「告げ口外交」は国際的にも恥ずべき行為なのに、「恥」という概念が欠落(日本と解釈が全然違う?)していると、平気なんだろね。
でも、その悪口を信じちゃう国があったら、日本にとってはいいことではないし。

ジュメ5
     大きなヒトは温度計が好き。

しま2
     小さなヒトも温度計が好き。
     ジュメさんとしまさん、なんか行動がかぶりますw

日本は国際司法裁判所で決着を付けようと再三韓国に申し入れているけど、敗訴見え見えのため、韓国は絶対応じない。
そもそもこんな不公平な態度なのに、共通教科書などできるはずもない。

屋山氏も言うように、EUが統合に向かったのは、キリスト教という共通の価値観があったから。
トルコが加えてもらえないのは、トルコの価値観はイスラムであり、キリスト教とは相容れないからだ。

日・中・韓にも共通の価値観など微塵もない。(中・韓は似てるが)
中・韓のそれは、1885年に福沢諭吉が『脱亜論』で「アジア東方の悪友を断つべし」といった頃と変わっていない。

中韓ばかりがアジアではない。日本は、タイ、ベトナム、インドなどもっと親日のまともな国とがっちりタッグを組んで、朴や習なんぞ「ぎゃふん」(古・・・)と言わせてやればいいのだ。

ツイ
     「ねぇ、ちょっと!最近あたしたちの出番が少ないと思わない!?」
     す、すいませんw 4日でお迎え3年目を迎えたレオパのツイ。

年も押し迫り、重心が「右」に傾いてきました・・・ww


テーマ : このままで、いいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

「ヘタレ」は現代人の1つのSPECか?

某地方紙に、「現代人の心をめぐる問題」について、大正大教授で精神科医の野田文隆氏が「ふ~~むw」的な考察をしていた。

ネタもないので、ちょっと要約して拝借。

---ストーカー殺人などを見ていると、人々が自己を制御できずにいるように見えるが?

この問いについて野田氏は、こう答える。
「昔は親や世間からすり込まれた“超自我”があり、『ならぬものはならぬ』という歯止めがかかった。
今は超自我なき時代。何でもありで、モラルスタンダードが緩くなった。」

くり1
     12月は冬じゃなくて晩秋になった?やっと紅葉。

杉
     でもスギ花粉は、すでにやる気満々ww

う~~ん、確かにそうだ。
スーパーや本屋で騒いでいるガキお子様を注意せぬ親や祖父母。
バスの中で騒いで白い目で見られている子を、母親が「運転手さんに怒られるからダメよ」と叱る。
すると運転手さんは、「運転手さんはそんなことでは怒りません」とマイクで一言。

そーさね~、「なぜそれをしてはいけないのか」を諭すべきなのに、「怒られるからやめろ」と・・・完全に歯止めのかけ方が間違ってる。

野田氏は言う。
「泣いて諦めるとか、それを糧にして勉強で昇華するとか、新しく旅立つ物語がない。
スマホ中毒もそうだが、目の前に縛られ、切り替えができない。新しい景色があることを教える人がいない。
かつてはドラマや小説も時代のモデルストーリーとなった。それも今は多様化している。」

くり2
     木漏れ陽の中、枯葉を踏みしめ便意を催す・・・

旅立つ先を人に教えてもらわねばならないってのも、ある年齢を超えたら情けない話だと思うが、まぁ今は人とのつながりを断ってる人も少なくないから、超狭い世界での模索しかできなくなっているのは事実だろう。

テレビ番組だって、子供の頃見たのは一家団欒、老若男女そろって楽しんだり考えたりできるものばかりだったような・・・それが、今はドラマや小説は不毛時代、安上がりなバラエティばかりで、「わかる人にしかわからない」番組が多すぎる。
だから、流行語大賞のノミネート語が「流行している」と感じる人が限られてくるわけだ。
ドラマだって、年代別に作ってる感じで(生活様式の変化上、仕方ないのかもしれないが)、『ストロベリーナイト』は子供に見せたくないだろうし、『SPEC』を楽しむ爺さんも少ないだろ。

---超自我はなぜなくなったのか?

「かつては超自我から自由でありたいと思い、反抗あるいは乗り越えようとして鍛えられた。
問題は団塊世代。
数が多い(ベビーブーム)こともあり、親どころか権力にも挑んだ・・・が、くじけてしまった。

ガラッと世の中が変わり、親と子、権力と国民が仲良くなって確執が無くなり、乗り越えるべき超自我が無くなった。
そしてくじけやすい“ヘタレ世代”が誕生・・・

そのくせ世の中の要求は強まり、出張は日帰り、休日にもメールに追われ、気忙しい時代となった。
できない人は追い込まれ、できる人はもっとやれとエンドレスの追い打ち・・・みんなアップアップだ。」

くり3
     全然へたれていない、あくなき食欲の権化の老犬は跳ぶw

---臨床での変化は?

「かつては死ぬほど働いて、うつ病で倒れ、最後の最後にクリニックへ。
それでも帰る先は会社であり、仕事であった。
頑張って再生するという発想があったが、今は病気であることを役割にする“シックロール”のようなケースが多い。」

厳しいお言葉・・・でも、自分も(仕事疲れではないが)クリニックの世話になって「ヘタレだなぁ」と痛感した経験がある。
今じゃ「プチ鬱」なんて性格の一部みたいに言われ、CMなどでも「少しでも異変を感じたら、迷わず病院へ」と勧める。
「ヘタレ」は、現代人のSPECの1つになったって証拠か?

くり4
     どうした?へたれてるのか?
     「い、いやな予感が・・・背中に悪寒が・・・」

欧米式の能力主義や成果主義を取り入れても、上手く消化できない。
日本人は個人主義の中で育った欧米人と違い、古来集団的で内向き。それが日本文化の中核なのかもしれない。
その中核を残したまま、欧米的衣装をまとおうとして、軋みを生じる。

かつては、デキる人もダメな人も義理人情で抱え込んでいく護送船団方式が可能だったが、今は難しい。
成果主義は、「俺は成果上げなくてもいいや~」って人の存在を前提とした制度。
かつては終身雇用、今は成果主義に重きを置くという価値観の一元化が進んでいる。

でもさー・・・そうして「まぁいいや」で暮らしていけなくなった人は、生活保護で面倒見るわけ?
日本の政治家の決まり文句、「弱者を切り捨てない世の中を!」(安倍政権は若干ちがうような)は、ヘタレを助長するんじゃないか?

くり5
     「予感的中・・・」
     おお、勘もへたれてないじゃないか。偉いぞ♪
      
とにかく今の日本、国も人もヘタレ傾向で(あ、ご老人とバブル期謳歌世代女子は意気軒高?)、どっちへ行きたいのか全然わからない感じ。
オリンピックだ、海外で日本文化ブームだとか言っても、なんかこう・・・盛り上がってるのは、実はかなりごく一部。(じゃないの?)
「1本芯が通ってない」って言うのか・・・。

ほんとはどこの国も似たりよったりなのかもしれないけど・・・嫌な事件やくだらない揉め事ばかりが耳に付くので、こんなことを考えただけさw

結論。

だからどうした?長くなり過ぎたぜw
ヘタレの1人である私が考察しても何もならない・・・つか、何言いたいのか全然わからない。スイマセンww

ウ
     「埒のあかないこと考えるより日向ぼっこが有意義」by鵜
      

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

| ホーム |


 BLOG TOP