プロフィール

とんがりねずみⅡ

Author:とんがりねずみⅡ
生きモノと珍妙な多肉植物を愛する、乾燥地上系昼行性哺乳類の♀。

旧?ブログはこちら↓
http://tonngarinezumi.blog97.fc2.com/

★同居家族★
スムースコートチワワ 1匹(寿♀)
レオパードゲッコー 3匹(ツイ♀、ローズ♂、B.B.♂)
クレステッドゲッコー 1匹(トメ♂)
ガーゴイルゲッコー 2匹(リンダ♀、しま♀)
ジャイアントゲッコー・ヘンケリー1匹(ラクタロウ♂)
ジャイアントゲッコー・グランテラ1匹(ジュメ♀)
トッケイヤモリ 1匹(T・K・おジョー♀)
オビタマオヤモリ 1匹(権兵衛 ♂)
ヒキガエル 2匹(福♂、天♀)
ヌマガエル 1匹(ぼっち♂)
アカハライモリ 2匹
ホソワラジムシ
クマワラジムシ
レッドローチ
ミルワーム(ゴミムシダマシ)
和金 2匹
亭主 1匹(♂)

永久欠番 うめ(コザクラインコ♂ 
2012・2・19 18歳で永眠)
くり(スムースコートチワワ♀
2015・7・7 13歳11ヶ月で永眠)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日何の日?

最新記事

最新コメント

ツイったろうかい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ

2011年頃から読んだ本

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ようこそ♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

虫にもの思ふ秋w

気がつけばもう9月も半ばを過ぎ・・・。
し、しまった。半月以上もブログ更新しなかったw

福1
    「あづい・・・」
     暑いと口を開いてボーっとしてる福ちゃん。カエルって暑いと口開く?

足の裏やら腰やら背中やら痛い痛いとブー垂れて、口の中が苦い(ストレスか?更年期か?)とブー垂れて、髪の毛がぼさぼさだとブー垂れて・・・よくもまぁこうブー垂れることが次々湧いてくるものだと我ながら感心している時、ふと庭のバラを見ると・・・。

黄緑色のきれいな毛虫が無心に葉を食べている。
あー、こんな風に無心に生きられたら・・・あ。あ?

ぎゃ~~~~~っ!!!
よく見たら、無数の毛虫=イラガの幼虫、そう、あのデンキムシとの異名を持つ、毛に触れただけで痛みと痒みと腫れと水疱に見舞われるどうにもオソロシイ毛虫の軍勢が、ツルバラを丸坊主にしようとしているではないか!

殺虫剤も効かないので、だんなを呼んできて、二人して葉ごと毛虫取りww

福2
     「暑い時は水風呂に限るね♪」 後足出てるよ。

今年は例年と虫相(そんな言葉あるのか)が違うような。
いつもバラに付くのは、チュウレンジハバチと尺取虫くらいなのだが、今年は代わりにイラガだらけだったり、ツクツクホウシが近所でほとんど聞かれなかったり、ナメクジが全然いなかったり、やたら細長いクモが巣を張っていたり。

外では今、秋の虫たちの大合唱。
でも一匹ずつ顔を見たら、何かしら変化が出ている可能性もありそうだよね。
うっかり逃がした外来種の餌用コオロギと交雑したハイブリッドコオロギが出現してるかもしれない。

しかし、よくしたもので、あれほど苦手だった虫も、餌虫飼育のおかげでむしろ興味をそそられる存在となりまして

本1
     こんな本を買ってしまったww

本2
     見ているだけで面白い。

虫ってつくづく儚い生物だと思う。
子を産み終えたら、大抵オスもメスも一生を終え、次の世代へと命を託す。

(前記事の)“やすらぎの郷”のゴミムシダマシたちもぼつぼつ天寿を全うするものが出てきたり、動きもかなりノロくなって・・・それでも餌を入れてやると、ワラワラ寄ってきて一生懸命食べている。
食べてる途中でひっくり返って死んだようになり、つつくと「はっ、しまった!」と気を取り直してまた食べ始めるヒトもw

健気である。
涙を誘う。

イギリスの詩人ジョン・ダンの詩に『秋のような顔』というのがある。

   春のような美人も、夏のような美人も、共に及ばない。
   一つの秋のような顔の中に私が見た、あの美しさには。
   (中略)
   間もなく滅んで行く束の間のものが、愛すべきならば、
   最後の日において、老いほど美しいものはないだろう。
   (後略)

深いなぁ・・・。

そんな一昨日、腰痛ベルト巻いて掃除機かけていたら、玄関の壁に一匹のハエトリグモを発見。
ちょっと痩せてるように見えたので、急いでミルワームBOXを持ってきて1㎝程のワームをピンセットで差しだしてみた。

あ、うそw 捕ったww

ハエトリ1

ハエトリ2
     クネクネ身をよじるワームと格闘。

ハエトリ3
     よく見ると、ワームから体液が出てきてますね。

信じられないほど、警戒心もなく持っていきました。
実は先にもっとデカいワームを差し出したら、近くまで来て後ずさりしたので笑ったw ちゃんと「これはムリ」なサイズがわかるのね(笑)

この子は冬を越せるのかなぁ・・・。
もの思ふ秋なのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

SNSはやっぱりヤバい?

先日、SNSから始まったらしい静岡市でのトイプードル80数匹(初めは83匹が86匹になり、88匹で落ち着いたw)飼育放棄事件の誤報拡散。

やー、あれはSNSの負の局面というと大袈裟だけど、混乱を生じさせる困った一面を露呈した例でした。

実は私も最初に出た誤報をツイッターに流してしまったので、「ゴメンナサイw」の人なのですが(恥)w
(ただ、読んでくれたフォロワーさんがフェイスブック見て、すぐに正しい情報で訂正してくれたので助かりました)

コト1
     散歩から帰り、さらにひと暴れした後は特等席でだれるw

コト2
     で、目覚めるとモフるww
     これ母乳を吸う行為だそうだが、いつまでやるのか・・・

そもそもは、中学の同級生からLINEで、「トイプー83匹が飼育放棄されて、某動物病院が困っている。欲しい人は直接病院に電話すればOKで、登録料6000円のみかかるらしい。これ拡散お願いします」的な内容が送られてきたので、そりゃ大変だ!私は飼えないけど拡散くらいは・・とツイッターにUPしたわけです。

そうしたらまもなく、フォロワーさんがフェイスブックを見てくれて、「犬はブリーダーでない女性が一人で飼いきれなくなったもので、まだその人の家におり、順次他の病院や施設に割り振って引き取り手を探す」とのことで、別に山中や橋の下に放置されていたわけでもなかった。

翌日には地方紙にも載り、ローカル番組でも取り上げられる騒動に発展し、最初に情報を発信した動物病院には一日に2000件を超える電話が殺到したり、見に来る人が押しかけて仕事にならなかったとか。

コト3
     クソ暑いのに、草のにおいを嗅ぐとイノシシに変身!
     くりはどっちかっていうと、草より堅い地面を好んだっけな。

正しい情報がフェイスブックにしか載らなかったというのもちょっと残念というか、まずかったような。
アカウントもっていない人は知りようもないし、他の情報源で知った人(病院内の貼り紙とか)はやっぱ電話するだろうしな。

しかし・・・驚いたのはその88匹っていう数よ。
1人の中高年女性が、たった5年間でそういう状態にまで殖やしてしまったという事実。
オスメスごっちゃに飼ってて、避妊や去勢していなければ、当然野良猫のようにわらわらと増えてしまうのは素人でも分かりそうなもの。
近所からの苦情で、飼育放棄(というか断念)になったらしいけど・・・。

コト4
     今年3回目の水泳訓練。
     なぜか犬かきなのに、前足の肉球が水面上に見えているという不思議w

プードルだから、トリミングしないともじゃもじゃで大変なことになるし、餌や排せつ物の量だって・・・ちょっと想像もできないわww
ブリーダーだって、個人でやっていたらそんな数飼育できないでしょうに。

病院に保護された犬たちは排泄物まみれなので、ツルツルの丸刈りにされて洗ってもらってた。

1人暮らしの年かさの女が、寂しさ紛らわすために犬猫を飼う気持ちはよくわかるけど・・・ここまでにしてしまうなんて、この飼い主、やっぱ「なんかおかしい」としか思えないわw
ゴミ屋敷を作ってしまうヒトの生物バージョン的な。

SNSの怖さとヤバさ、そしてペットオーナーのやってはいけない事を如実に露呈した一件だったように思います。

しかし・・・5年で88匹・・・ありえねぇwww


それでは最後に、寿さんの溺れるような泳ぎをご覧くださいw


[広告 ] VPS


犬かきって・・・普通こんな水音しませんよねぇ?

テーマ : 犬のいる生活 - ジャンル : ペット

気が付けば虫の声。秋が先かミサイルが先かw

#閲覧注意。虫画像あります。

暑い暑いとブー垂れてはいても(実際めっきり耐暑性がなくなった)、もう立秋も過ぎ8月の半ば。

年々自然の妙な変化が気になるけど、秋の虫(コオロギ系)だけは体内時計が太陰暦のようで、きっちり立秋から鳴き始めるのが不思議。

我が家のミルワーム(鳴かないけどw)はいささか増えすぎたので、もう繁殖は止め(蛹は冷凍庫に入っていただく)今いる第2陣の親虫たちは“安らぎの郷”へお引越し。
のんびり(でも忙しそうに動き回ってるのがこの虫)余生を過ごしてもらっています。
成虫の寿命は1ヵ月くらいと、いくつかのブログで読んだけど、うちのは1,2陣とも半年は生きてますが・・・栄養がいいのでしょうかw

ミルワーム
     ワームってメーカーによって全然終齢幼虫の大きさが違うことを知ったw

蛹
     蛹の大きさも様々。現在ビニールパック2袋目に突入w

ゴミムシダマシ
     第2陣の親虫は1陣の1.5倍くらいの大きさでした。まだ産んでるw

先日その“安らぎの郷”の中に、1匹だけ“異人”を見つけ、目が点ww
な、なんでさ!?

なんと、生まれたばかり位のレッドローチの赤ちゃんが紛れ込んでる!

1ヶ月ほど前、お尻に卵鞘を付けたメスを逃がしてしまい、ホイホイにもかからず行方知れずだったのだが・・・それの子か?
まぁ計算は合うような・・・。
で、昨夜新しく仕掛けたホイホイに卵鞘を付けていないメスがかかっていた。うへwww

レッドローチ1
     お尻についてるのが卵の入った鞘。
     見てるだけで脱肛になりそうww

ヒキガエルがレッドローチ(つか生餌全般)食べなくなっちゃったので、もうローチは要らないんだけどせっかく繁殖準備したんだから、一回くらいベビー誕生を見てみたいを思い、卵を集めていたら、最近ぞろぞろ孵化してきて、ちょっとこれは増えすぎるか・・・ヤバいか・・とおろおろしている今日この頃。
トッケイやレオパが食べてくれるけど、けっこう数百匹となるとお世話も大変。
まぁ嫌いではないけど。←かつての自分から見たらアンビリーバボーw

レッドローチ2
     孵化まで1~2ヵ月とか。全部孵化させたらヤバそう・・
     でも卵拾いは密かな楽しみだった(笑) まだ産んでるけどもう廃棄しよう。

話は変わりますが。

お盆休み、毎日耳にするのは車の事故のニュース。
暑いと集中力も鈍るし、連休は普段あまり運転しない人も長距離運転したりするから、余計多発するんだろうなぁ。

高速道路以外で相変わらず多いのは、高齢ドライバーの事故。

ヒキガエル1
     福ちゃん(右)の半分以下だった天ちゃん、麻痺があるけどデカくなった!

ヒキガエル2
     そろそろ風呂もサイズアップかしらね・・・
     天ちゃんは人目があるとめったに入らないので、これは貴重な画像。

運転には3つのスキル(認知、判断、操作)が必要なのだが、これが加齢に伴い低下する。
そして飲酒でも然り。

この30年で高齢者人口は2.7倍、高齢ドライバー人口はなんと10.5倍になったのですと!
都会の若者は運転しない人も多いので、余計高齢者の割合が増えるんでしょうけど。

高齢ドライバーはスキルの客観視が困難で、年を取るほど自分のスキルは優れていると判断するんだそうです。
能力は落ちてきてるのに、過大な自己評価・・・その自信、過信はどこからくるのか?

よくわかんないけど、とにかく己を客観視できなくなるのは高齢者特有の心理状態らしいです。
(よく「年を取ると子供還りする」って言うけど、そういうこと?)

川1
     7月19日に初泳ぎを試みた藤枝市の寺島川河川敷。

川2
     いかんせん水量が少なすぎて泳げずじまい。
     2回目は台風の翌々日だったため、水流が強すぎて再びダメw

恒常的な飲酒ドライバーが「まだ酔ってないから大丈夫。先週も事故らなかったし」と思い込み、そしてとうとう致命的な事故を起こしてやっと気が付き運転を止める・・・ってのと同じなんだとか。

・・・なんかそういう車がた~くさん走っている道を運転するのは、ちょっとばかり戦慄を覚えますw

いずれは高齢者になるわが身。
心して客観的に己を見つめることを忘れないよう、努めたいと思います。(いや、高齢者じゃなくても客観視は必要だよなw)

川3
     くりみたいにすいすい泳げない(というより溺れているw)のに、
     持ち上げると手足で宙を掻き、エアスイムww

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

人徳不足なのでブー垂れますw

去年もそうだった気がするけど・・・今が一番カラッとして暑いはずなのに、やたらと湿度が高くじっとりしてて、午後には黒い変な雲がモクモク。
ゲリラ豪雨になることも。

ひまわりが咲く中、燦々と太陽を浴びて海やプールではしゃぐ夏・・というイメージはかなり昭和ww
今じゃ「ナイトプール」とか言って、夜ホテルなんかで若い女子にプールが人気だとか。
暑すぎないし日焼けしないし。
・・・で、そういう場で「ナンパ」ってのはあるんだろうか?

ナンパされないプールや海なんて、クリープを入れないコーヒーみたい!←昭和www
「暑いから、夏だから、とりあえず何でもOK」だった頃が懐かしい・・・って尻軽女みたいじゃないかw(ええ、軽かったです・・)

フヨウ1
     吉田公園でアメリカ芙蓉の花が咲くと、くりを思い出す。

フヨウ2
     一昨年拾った種を撒いて、我が家の庭でもいっぱい咲いてる。
     これが一番我が家の環境にあってるらしいよ、くり。

某ブログの筆者さんがつぶやいていたけど
「今だけ耐え忍べばよい。過去はもうなく、未来はまだ来ないのだから」(苦しい作業中に出た言葉)

今だけ・・・今日だけ・・・
クソ暑い(静岡なんてましな方だけど)毎日、朝一時間コトの散歩をしてくると、もう家事にもPC他趣味などにも気力体力共にほとんど残っておらず、日々、この言葉を胸に、何とか生きながらえている感じです。

藤
     狂い咲きたくなる気持ちもわかるよ・・藤が咲いてるw

話は変わりますが。

今年も我が家には、「土用の丑の日」の食卓にウナギは現れなかったのですが、日本中の何%くらいの人々がその日にウナギを食べるんでしょうね?

相変わらずニホンウナギの減少が止まらず、各地で養殖ウナギが放流されているようですが・・・専門家によると、この行為、全然「ためにならない」んだとか。

養殖モノは天然ウナギと同じ環境下では生存率が低く、特に大きな個体はダメ、という調査結果も出ているそうです。
だから放流するくらいなら食べた方がよほど良いらしい。
放流によって、病気や成長の悪いウナギの拡散と言うデメリットも考えられ、効果より悪影響の懸念の方が大きいなら、別の方法で資源保護考えるべきだと。

日本人ってやたら「天然もの」に弱い人種らしく、鮭も然りで、日本では高くてもノルウェーで獲れた天然鮭を買い、ノルウェーでは安くて旨い日本産養殖鮭を買うと聞いたことがあります。
バッカじゃねーの!?

それに国際的には、ウナギ全種を対象に資源調査が提案されているのに、日本はニホンウナギのみを守ろうと躍起になっているらしい。

公園1
     真夏の公園、無人に近い。

女郎花
     でも秋の七草、女郎花がもうこんなに!耐暑性がついた?

日本ってほかの魚もいろいろ放流してるよね。
ヒラメやタイや、メダカ、コイまでも。
学校の学習の一環だったりもするわけで、放流=良いこと、と子供に教えているようなもんで。

でもメダカは本来の生息地別にDNAが違うことや、コイはブラックバス並みに他の小魚の餌を食い尽くすこともわかっているのに・・・そういうことを学校や自治体関係者は、専門家に意見を求めてからやるべきなんじゃないのかなぁ?

公園2
     許可も意見も求めず走り出すw

公園3
     顔が暑苦しいと、暑さにも強いようである。

公園4
     くりは23℃超えると走らなかった。こいつはタフすぎる・・・

魚だけじゃなくて、街路樹とか道端の植栽についても感じるんだよな~。
ここにこんな木を植えたら、大きくなりすぎて電線にかかったり、手入れも大変だろーとか、道の植え込みにあれこれ植えたはいいが、その後手入れしないから、草ぼーぼーで蜘蛛の巣だらけで「ない方がまし」なんじゃねーの?とか。
私たちは小学校の頃、公園などの草取りとか授業の一環でやったけど、今は全然やらないのね。

グランドゴルフやってるジジババも、せめて使ってるグラウンドの草取りくらいたまにはやっても罰は当たらんと思うが。
(私の父のチームはやってるらしい)

暑いと何かと腹が立つのは、自律神経が乱れるせいだろうかw←人徳がないだけ

公園5
     スプリンクラーと戯れる。

公園6
     小川に入れたら気持ちよさそう・・ではなく、脚が泥に埋まって動けないw
     

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

金正恩や中国より、とりあえず線状降雨帯が困るw

昨日の静岡は、全国ニュースになるほどの豪雨で、浸水こそしなかったものの、近所でも道路が冠水して入り口に土嚢を置くコンビニもありました。
家の裏手にもわりと大きな水路とため池(放水池?)があるので、ハラハラドキドキ。

・・・とか言いつつ、ベランダの多肉の方が心配だったりしてw
こんな豪雨になるなんて予報じゃなかったので、外に出しっぱなし。
なにしろすごい降りだったので、軒下でもジャバジャバ。外に出たら一瞬でずぶ濡れになり、なんとかビニール掛けたり屋内に取り込んだり。

蓮華寺池1
     前の日はこんな夏日。ここは尾瀬・・・なんて見え透いた嘘をついてみるw

蓮華寺池2 
     お盆に合わせて見事に開花した蓮。
     残念ながら、ここは旧盆で8月w

近年は、長雨とか梅雨末期の大雨とか、死語なんじゃね?って感じで、台風よりも本気のゲリラ豪雨や線状降雨帯の方が怖い気がします。
神様仏様も天気には力及ばずなんですかね?
災害の様子を見るにつけ、神仏を見限り、信仰を捨てる人が増えるんじゃないかと(日本には信仰もってる人の方が少ないか?)・・・「困った時の神頼み」は何のご利益もなくw

無慈悲でご利益をもたらさない、やる気のない神様に拝むくらいなら、てるてる坊主にひれ伏す方を選ぶわ!

七夕
     今年で2回目。七夕に星になったくり大明神におすがりする。
     このプラスチックの笹は何年もつか?

今日も線状降雨帯は、どこかでせっせと神様を鼻で笑いながら活動中のようです。
夜中の豪雨は勘弁してほしいなぁ。

そして我が家では、最近毎晩お決まりの夜中の恐怖。

あらぬところから聞こえるコオロギの声。
権兵衛(オビタマオヤモリ)が踏みつぶしてあの世送りにした、大人になれなかったコオロギの怨念か・・・。

権兵衛のために5月に買った1㎝程のイエコが育って成体になり(2.5㎝位)リンリン鳴くようになりました。
が。
なぜかプラケの中と部屋のどこか違う場所で鳴きあってる・・・。

3段カラーボックスの上の箱の中で一回、冷凍庫の裏で一回、風呂場で二回、ゴキブリホイホイの中で二回発見。
なぜ逃げる!?
なぜ逃げられる!?

プラケ1
     プラケの空気穴はこんなに小さいし、かつて飼ったコオロギは逃げてない!

プラケ2   
     こんなに肥って(左隅)デカい奴が、この隙間をどうやって抜け出る!?

関節外しかよ・・・テレポーションかよ・・・ww

ま、どうせ全部で5,6匹しかいないし、家の中で繁殖するのは無理な相談ですから、逃げたきゃ逃げろや。

権兵衛1
     どうせ権兵衛はおまいらを食うつもりはなさそうだしw

いまだに口をこじ開け強制給餌で栄養補給を続ける困ったお方。
大変よく人になついており、口こじ開けるシーンを見なかったことにすれば食欲旺盛だし、困ったことは大してないのだが・・・。

自力捕食成功まで3年の長期計画で行くことにしました(悲)。

権兵衛2
     ミルワームを見てたら、眠くなったらしい・・・おい!     


テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE